愛機MacBookProのキーボードが作動しなくなりました。

DSC09754

 




キーボードが反応せず

 

今から遡ること2週間。

それは突然やってきました。

最初は「あれ?触んなかったっけ?」

 

「ん?一回閉じるか・・・」

 

「再起動してみる?」

 

「ググってみよう」

 

「SMCリセット?やってみるか」

 

「NVRAMクリア?これはやめとこか」

 

てな具合で、徐々に

事態の深刻さに

気づきます。

 

最初のときはまだ、

再起動やSMCリセットで

復活していたんです。

 

が、それと同時に、

「そう遠くない先に

これはダメになる」

という確信がありました。

 

そこで、選択肢は2つ。

 

修理に出すか、買い替えるか。

 

私が選んだのは

『買替え』でした。

 

 

その後、予感は現実に。

 

SMCリセットもまったく

効果がなくなったのが

先週水曜のことでした。

 

 


恩師の言葉

 

今回故障したMacBookProは

購入からすでに2年が

経過していました。

 

大学時代の恩師の言葉に

「パソコンは最初の2年は快適じゃ。

けど、あと2年我慢して

4年使うバカがおる。

2年経ったら買い替えなあかんぞ」

という言葉があったことを

思い出しました。

 

10数年前にせっかく恩師が

おっしゃられていたのに

私はその教えをすっかり忘れ、

買替え時期を見誤っていました。

 

さっそく現行モデルを調べます。

 

Macデビューを果たしてから

もうすぐ4年目に突入しますが、

それを前にして3台目に。

 

というのも、初代のMacBookAirのときに

ParallelsでのWindows駆動には

スペックがいささか物足りないことを痛感。

1年でProに買い替えた経緯があります。

そこで、MacBookAirや

MacBookは対象外に。

MacBookPro一択です。

 

15inch→大きくて少し重すぎ

13inch→バランス取れている

という主観のもと、13inchに。

 

13inchには、TouchBarありと

TouchBarなしがあります。

 

評判が決してよくないTouchBarですが、

どうせ2年で買い替えるなら

「あれ、使いにくかったよね〜」と

経験として語れることを期待し、

TouchBarありモデルに。

 

メモリーを16Gに増設すると

納期が1週間ほど延びるとのこと。

一刻も早く手元にほしかったが、

ここでヒヨってはいかんということで

1週間待つことに。

 

それまでは外付けのキーボードと

マウスというなんともイケてない

スタイルで乗り切ることにします。

 


今回の気づき

 

データなどのバックアップは

幾重にも行っていましたが、

Macというハードのそれが

できていませんでした。

 

事務所の次期据置PCとして

セットアップしていた

ThinkPad(15.6inch)を

持ち運ぶことで

Windows系ソフトの作業は

なんとか機動面で損傷なく

行うことができました。

(めっちゃ重かったけど・・・)

 

が、MacのMarsEditでしか

行ってこなかった

ブログ記事の更新は

Windows環境だけになると

途端に書く気力が萎えました。

 

事前にWindowsであえて

記事を更新する実験を

しておかないといけませんね。 

 

最初はMacというハード面での

バックアップ不足がこの事態を

深刻化させたと思っていましたが、

実はそれ以前にブログ更新という

タスクのスキルについて

バックアップが

できていなかったことに

気づいてしまいました。

 

とはいいつつ、またこの記事も

Mac(MarsEdit)で書いているのですが・・・。

 

 




*************************************************************

【編集後記】

ひさしぶりのブログ更新となりました。

そして、新しいMacBookProは快適です。

早くGeniusBarに持ち込んで

旧タイプの修理をしないと。

 

 

【昨日の一日一新】

MacBookPro(13inch 2016) セットアップ

 

 

*************************************************************
❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。