SNSでの政治的発言はタブー視されていますよね。

P1030753

スポンサーリンク

 


[br num=”1″]

[br num=”1″]

タブー

SNSで政治的発言を行うことは

『御法度』という空気が

どこかありますよね。

 

ただ、これには少し

疑問を感じています。

 

政治というのは

自分たちの未来を決める

大切な要素です。

 

そこについて真剣に考え、

その想いを吐露することは

自由でいいのではないか、と。

 

ということで、

「まぁ、やっちゃえ」的な感じで

発信してみたわけです。

 

ブログでの発信はブログ次第

先日のブログで、

ポスター貼りのボランティアに

参加した話を書きました。

 

これって立派な政治的発言ですよね。

 

で、この発信が是か否かは

人それぞれです。

いや、ブログそれぞれと

いうべきでしょう。

 

わたしは、自分のブログを

自分のメディアと位置づけて、

税務会計のことに限らず、

自分の考え方やスタンス、

嗜好について

自由に書き綴る場所と

位置づけています。

 

ですので、そこで自身の考えを

語ることには何の問題もないですよね。

 

ただ、これが幅広い営業を目的に

展開するブログであれば話は別。

政治的な話は反発も起きやすいです。

むりに反発を生む話題に触れないことが

営業活動にとっては正解でしょう。

 

そう、ブログでの発信は

そのブログの位置によって

是か否かが分かれます。

 

 

超真面目なセミナー受講記事かと思いきや、

ラストに「うちの妻めっちゃかわいいです。」と

衝撃のオチを持ってくるブログも。

私もかくありたいものです(^^)

 

インプットは本だけじゃなくセミナーも活用! 法人メインの税理士のための相続セミナー

 

 

 

SNS投稿は慎重に

先日のブログのあと、

選挙戦もいよいよ

終盤を迎えた先週末に

Twitterに投稿しました。

 

<Twitter>

 

 

 

 

わたしとしては、

おごりとよどみをうむであろう

これ以上の多選を阻止するために、

対抗馬である勝谷氏を

盛り立てることを考えました。

 

言葉だけのツイートは

インパクトに欠けます。

 

街頭で熱弁する姿を撮影し、

その写真をツイートすることで

なかなか関心が向かない知事選に

火をつけたかったのです。

 

というわけで、いそいそと

望遠レンズを装着したGX-1を手に

演説会場へ。

地元ですので、背景に余計なものが

スポンサーリンク

写りこまない角度も熟知しています(^^)

P1030753

 

P1030746

 

 

結果、勝谷氏を熱烈に支持する

支援者の方が写真を気に入り

ツイートに使っていただいたものの、

その方のアツい投稿には、

過激な超右系の方などから人気が高い

候補者だけに、そうした方からの

リツイートやいいねがたくさん届いていた様子。。

 

「ちがう、そうじゃなくて、、、」

あかん、狙いは外れました。

 

写真が一人歩きしていくという

貴重な経験を積むことができました(^^;)

 

ちなみに、Facebookにも

投稿しました。

 

<Facebook>

 

 

 

 

さすがにいつもより反応は薄めですが、

現職支持の方からも

個人的に連絡をもらったりして

有意義な意見交換には繋がりました。

 

 

議論が必要

別に相手陣営を支持しているからといって

その支持者の人格を否定することはありません。

考え方がちがうというだけです。

そうした衝突なくして、

相互のレベルは上がりません。

 

中小企業の経理実務は

税務署の調査がなければ

もっとルーズになりかねません。

 

対立軸があるからこそ、

正当性を裏付けるための論拠を検討し、

是か否かを判断するのです。

 

だからこそ、対立軸の立場に立って

こちらを見ることは大切であり、

そのための議論は

避けるべきではありません。

 

そうした議論を展開する場として

Twitterはやや過激な言論が

飛び交いすぎる模様です。

 

写真が拡散したことはいいのですが、

議論という感じには至りませんでした。

 

せっかくこれだけネットが発達しているので、

もっと積極的に議論が交わされればいいと

思うのですが、それ以前に

県政への無関心の方が問題かもしれません。

 

今回の知事選の投票率は40%程度。

 

現状にそれほど不満もなく、

一票の重みの実感もない層が

多いということでしょう。

 

投票は権利であって義務ではないので、

投票に行かない人を責めることはできません。

 

むしろ、彼らを振り向かすことができない

候補者側の問題です。

さらにいえば、投票行動の大切さを

教えられていない教育の問題です。

 

このあたりは書き始めると

きりがないので本日はこのあたりで。

 

 

*************************************************************

【編集後記】
昨日の開票得票、20時と同時に
現職の当選確実の速報が。
現職は強かった・・・。

さて、今夜からウィンブルドン開幕。
フェデラーの優勝を
今年も信じて祈ります。
今年はなんだか
イケそうな気がしますよ。

【昨日の一日一新】
フェイフォントンふじた 黒酢の酢豚

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。