Pocket

育児休業給付金制度が改正されて、働きやすくなっています。

DSC02996
(フレンチトースト@パンとエスプレッソと)

スポンサーリンク

育児休業給付金制度とは

雇用保険の被保険者の方が、1歳(保育所に入所できないなど
一定の場合は1歳6ヶ月)に満たない子を養育するために
育児休業をした場合に、一定の要件を満たすと育児休業給付の
支給を受けることができます。

これが、育児休業給付金制度です。

この制度によって給付される金額がいくら程度なのか、ですが、
育休開始日から半年間は育休前6ヶ月間の平均賃金の67%、
半年以降は50%の金額が支給されます。

育休前に月額24万円の給料で働いていた場合、
最初の半年間は16万円、その後は12万円が
支給されることになります。

これは子育て支援として、とてもありがたい話です。

雇用保険がらみの話ですので、ハローワークが窓口となります。

改正前と改正後

平成26年10月1日から、ある改正が施行されています。

それは、「受給条件の緩和」です。

育児休業給付金は、就業するとすぐにストップされる
ものではありません。働きながらの受給も可能です。
ただし、給付金と給与の合計が育休前の給与の80%を
超えると、超えた分だけ給付金は減額されます。
そして、この就労&給付には、次の条件がありました。

これまでは、育児休業給付期間中に就業した場合、
月11日以上働くと給付金が支給されなくなりました。
週に3回働くと給付金の支給はストップです。

しかし、今回の改正で、たとえ月11日以上働いたとしても
月80時間以下のときは給付金は支給されます。

スクリーンショット 2015 06 23 10 19 46

当然、給付金の支給ストップは避けたい心理が働きます。
それにより、今までは「働けるのは月10日まで」と
いう制限が実質的に存在しました。

今回の改正によって「一日3時間勤務で月20日就労」と
いったような働き方が可能になりました。

スポンサーリンク

育児中、人によっては一日にまとめて働くよりも、
毎日少しずつ働く方が働きやすいこともあるでしょうから、
このように可能性が広がることはありがたいですよね。

復職を考えている方にとっては、まったく就労しない期間が
長くなると、職場復帰に不安を覚えることも少なくありません。
時短勤務で少しずつ会社の環境に触れておくことで、
本格的な復職がスムーズになります。

また、会社としても社員の休業は痛手です。
勝手知ったる社員が時短といえども、少しでも早く
復帰してくれると、とても助かるでしょう。

こうした取組みでは、数時間のために通勤するのではなく、
在宅でのワークが可能であればなおよし、ですね。

会計事務所業界に追い風

日本では、男女はまだまだ雇用機会均等ではないように思います。
われわれ会計事務所業界でも、非常に優秀な女性であっても、
結婚・出産時の退社・休業リスクから、その採用に躊躇する
話はときおり耳にします。

しかし、同時に会計事務所業界の人材不足は深刻です。
採用活動をしてもなかなか人が集まらず、個人事務所では
ダメなのかということで、採用問題から税理士法人化する
という話も聞きました。
(条件面で一般企業に肩を並べる方が先だと思いますが・・・)

今回の改正は、採用に悩む多くの会計事務所にとって
チャンスといえるでしょう。

いち早く、リモートワークの仕組みなどを構築して、
結婚・出産によっても離職しなくて済む仕組みを作ります。
そうすることで現在採用面で不利な状況に置かれている
若年女性の雇用を積極的に行うことができ、
優秀な人材の確保を可能にするでしょう。

おそらく、多くの中小企業は人の問題に悩まされています。
そうした業界に新しい可能性を与えてくれる今回の改正、
企業運営にぜひ積極活用したいものです。

では。

==============================

【編集後記】

東京にいくと、必ず立ち寄る店があります。
表参道の「パンとエスプレッソと」さん。
フレンチトーストも美味しいですが、
チャパタを使ったパニーニも絶品。
ここでのモーニングからスタートです。

【昨日の一日一新】

ユーロスターカフェ
新幹線でブログ

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。