Pocket

この本からの学びで散らかり始めたデスクをすっきりできました。

DSC05403

スポンサーリンク

ときおり読み返す整理術の本

パソコンに向かって作業していると、
メモをとりたくなることもあります。

ペンは近くにあった方が便利です。

あれば便利と考え始めると、あれもこれも、と
いろいろ近くに置きたくなります。

しかし、データ入力や資料作成のための資料を
デスクの上に置き、文房具もデスクにおいて
作業を進めると、机の上がえらいことになります。

机の天板が見えなくなってしまうことも。

文房具は全て机の引き出しに戻してから帰宅していたのですが、
ほぼ毎日出すものだけに、すっきりと置いておけないかな、と
なんとなくの懸案事項を解決してくれたのがこの本です。

ステーショナルディレクターである土橋正さんの著書です。
文具好きにはたまらない一冊、ワクワクしながら読みました。

奇をてらったネタはなく、とてつもなく高価なものでもなく、
日常的に使える範囲内でのアイデアに溢れています。

ツールスタンドでデスクまわりがスッキリ

具体的な例を一つ紹介しますと、まず最初に
取り入れたのが、このツールスタンドです。

少し角度がついていて、斜めにペンを置く形になります。

そして、小分けになっているので、
黒ボールペン、シャープペンシル、マジック、カラーペン、
と欲しいものがすぐに取れる形で整理できます。

そして、下2段には、テープのりや消しゴムも置けます。

スポンサーリンク

DSC05402

前までは筆箱を置いたりしていたのですが、
高さを生かしてあり占有面積が小さいので、
PCデスクのサイドスペースがすっきりしました!

取りやすさのポイントは、
一区画に入れるペンの本数を
3本以内にすることです。
できれば、1,2本が好ましいですが、
3本までなら「左」「右」「真ん中」ですので
比較的スッと取り出せます。

これが4本になると、重なってしまったり、
「真ん中右」「真ん中左」ができたりして、
取り出しにくくなるので、3本までがオススメです。

物の入れる場所を増やさない

なるほどと思った記述がこちら。

「モノを入れる場所を用意すると、いつの間にか
モノがあふれかえってしまう」ということだ。

これは「仕事の量は完成のために与えられた時間を満たすまで
膨張する」、いわゆる“パーキンソンの法則”に通じるものです。

このツールスタンドを導入すると、収納できる文具の量が
限られているので、本当によく使う物だけを準備します。

すると、それ以外の引き出しの文具がなくても十分に
やっていけることに気づきます。
(うすうす気づいてはいたのですが・・・)

というわけで、不要な文具は断捨離行きです。

これだけで“一日一捨”が2週間くらいできました(^^)

“一日一捨”は、この本で提唱されている試みです。

ブログに公表はしていませんが、今年は毎日何か捨てています。
まだまだ、捨てる物が順番待ちしています。
捨て始めると、いかに使わない物をとっておいたか、
スペースをムダに埋めていたか、がわかりますね。

まとめ

このツールスタンド以外にも、
たくさんの気づきがあり、実践することで
事務所内外の片付けが一気にはかどりました。

あとは、これを継続することが大切ですね。

==============================

【編集後記】
今日は一日姫路のコワーキングスペースで仕事です。
最近、事務所に出ずに仕事をする機会を増やしています。
いざというときに、事務所に出なくても対応できる
チカラをつけるための筋トレみたいなことです。
いざやってみると、必要なのにクラウド化し忘れていた
資料に気づけたりするので、特別に必要がなくても
ノー出社デーを設けるのは意味がありますよ。

【昨日の一日一新】
BIGOT チーズクロワッサン

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。