愛用のSHURE製イヤホン。

DSC04517

スポンサーリンク

人は見かけによらない

電車で本を読んでいるときやカフェで仕事をしているとき、
わたしはたいていイヤホンをしています。

DSC04523

周囲からは音楽を聴いているように見えると思いますが、
実はそのほとんどの時間、何も聴いていません。
ただ、イヤホンを装着しているだけです。

そう、人は見かけによりません。

音の流れないイヤホン

電車に乗っていたり外で仕事をする際、
周囲の会話や雑音が気になったりします。

そんなときは音声を遮断するに限ります。

機能的には耳栓の方がいいのですが、
電車やカフェで耳栓はなんか変かな、と感じ、
遮音性の高いSHURE製のイヤホンを愛用しています。

15年前は電車で耳栓して理論暗記していましたが、
ときが経てば、その感覚も変化するものです。

一ついえるのは、雑音があるのとないのとでは
仕事の効率・集中力は格段に違います。

音楽を聴かなくても、イヤホンはおすすめです。

電車や外で理論暗記したいけど、耳栓には抵抗あるという方は
耳栓した上からヘッドホンするのもオススメです。

こんなのを着けていると、おしゃれも楽しめて、
テンションもあがるかも・・・。

スポンサーリンク

おまけ

この、フェンス越しに線路に向かって指さす幼児、
実は電車にはそれほど関心がありません。

DSC04221

この幼児をアツくさせるもの、それは『踏切』です。

鉄道が通るたびにはしゃぐ姿を見ると鉄道好きに見えますが、
実は踏切の動きに大はしゃぎなんです。
そう、人は見た目によりません。

2歳と5ヶ月になるこの幼児は、ドライブ中もチャイルドシートから
身を乗り出して、ずっと踏切を探して外を眺めています。

そして、我が家には、その所有するレール総数に比して
著しく多い数のプラレール用踏切がたまっていきます。

DSC04187

これまでは車を運転していて踏切に引っかかると
うっとおしく感じていましたが、
今では「どうか踏切が鳴りますように」と
お願いしながら踏切に向かう自分がいます。

環境が変われば、人は変わるもんですね。

==============================

【編集後記】
大阪梅田のルクア1100にある蔦屋書店、
一部スペースが有料になりましたが、
有料時間は13〜20時だそうです。

DSC04515

朝一は相変わらず人も少なく、
ブログのためとはいえ、
自撮りしてしまいました(^^;)

【昨日の一日一新】
御影高杉 マロンタルト

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。