Pocket

マウスから脱却する上で必須のキー、それは『tab』

DSC08615

スポンサーリンク

tab

キーボードの左上に位置する
『tab』というキー、

スクリーンショット 2017 02 14 21 58 03

左手の小指がタッチすることを
想定しているこのポジションが
その存在を希薄にしていますが、
このキーによって作業時間を
大きく削減することができます。

10年前のわたしは
この超絶便利なキーを
ほぼ使っていませんでした。

今日はそんな当時の自分に向かって、
教えていきます。

セルの横移動

石田さん、
Excelで何かを入力して

スクリーンショット 2017 02 14 21 27 03

『enter』キーをタッチすると

スクリーンショット 2017 02 14 21 27 12

その下にあるセルに
選択が移動するよね。

右に移動したいとき、
どうしてる?

「ファイル」→「オプション」から

スクリーンショット 2017 02 14 21 27 41

「詳細設定」の中で“下”を

スクリーンショット 2017 02 14 21 27 52

“右”に変更することで

スクリーンショット 2017 02 14 21 28 02

対応してるよね?

設定を変更すると、
次に“下”に移動したいとき、
マウスを握ってるよね?

それ、やめとこうか。

“右”に変更せずに、

スクリーンショット 2017 02 14 21 27 03

『enter』キーの代わりに
『tab』キーを押してごらん。

スクリーンショット 2017 02 14 21 28 10

ね、右に移動したでしょ。

これなら、
“下”に移りたければ『enter』
“右”に移りたければ『tab』
いちいちマウスを握らなくても
手元で操作できるんですよ。

あ、最終的には
矢印キーで自由に
動けるようになる
必要があるけど、
まずは下と右を
制しようか。

下と右にスムーズに動ければ
大まかなことはできるから。

スポンサーリンク

“右”→“右”→“下”で、、、

しかも『tab』で右に移動したあとに
『enter』をタッチすると、
最初にいた位置の下に移動するんだよ。

日付入れて、

スクリーンショット 2017 02 14 21 51 21

『tab』

そして、金額を入れて、

スクリーンショット 2017 02 14 21 51 32

『tab』

そして、支払相手を入れて、

スクリーンショット 2017 02 14 21 51 45

『tab』

そして、内容を入れて、

スクリーンショット 2017 02 14 21 52 07

『enter』

スクリーンショット 2017 02 14 21 52 13

すると、次の行の日付に!

だから、こうした
シートなんかを
作るときには、
『tab』を使った方が
圧倒的に速いよ。

最後に

普段からExcelを
よく使う人からしたら
「え、こんなこと?」って
感じかもしれませんが、
こんなことも知らずに
ただなんとなく
触ってましたね。

おかげでマウス操作は
多少速くなりましたが、
今となってはそんなのは
大した改善では
ありませんでした。

きっと私が知らないスキルは
まだ山ほどあるでしょうが、
昔の自分に対して先輩ヅラして
教えてみました。

*************************************************************

【編集後記】
今日はお客さんの事務所で
弥生ネットワークの設定立ち会い。
なんとか動き始めました。
財務応援からの切り替えでした。

【昨日の一日一新】
白ネギのキーマカレー(製作)

*************************************************************

■ 石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<ブログランキングに参加しています>

ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。