困ったときにはまずググってみることですね。忘れていました。

DSC07741

スポンサーリンク

満杯の箱と空っぽの箱

あっちの箱は空っぽなのに、
こっちの箱はいっぱいになってきた。

そうなると、やるべきことは2つ。

あっちの箱に移動するか、
こっちの箱を大きくするか。

なんの話かというと、
事務所にあるデスクトップPCの話。

Cドライブが100GBで、
かなり手狭になってきた
一方で、Dドライブが無傷で
350GB近くあるという状況。

最初の愚手

これに対して、最初に行ったのが
Cドライブの中にあるいくつかの
フォルダ(マイドキュメント等)を
Dドライブに移動させるという対策。

スクリーンショット 2016 11 08 12 44 21

ええ、愚策でした。

当時はいいと思ってやったんですけど。

① Dドライブに受け入れ先のフォルダを作成

② マイドキュメントを右クリック→プロパティ

③ “場所”タブを選択し、移動

という手順に従い、マイドキュメントや
マイビデオなどを移します。

そして、それ以外のフォルダについても
ドラッグして移していきました。

焼け石に水で、数GBしか空きません。

それでも、ディスククリーンアップなどを
しながらだましだまし使っていました。

中身の移動ではなく、外枠をさわる

ら、埒があかん!!

ということで、目の前の段ボールに
二つの箱を入れて、考えること数十秒。

あ、Dドライブの容量を小さくして、
その分だけCドライブに割り当てる
ことができるのでは!?

スクリーンショット 2016 11 08 12 44 27

一瞬、自分を褒めそうになりましたが、
すぐに自己嫌悪。

なんでもっと早く、
それに気づかなかったんだ。

ググってみると、ありますね。

同じ悩みの人、たくさんいますね。

なんで早くそれに気づいて
ググらなかったんだ・・・。

で、Windowsの管理ツールから
触る方法もあったのですが、
「easeUS Partition Master』という
フリーソフトで簡単にできるとのこと。

スポンサーリンク

無料のパーティション管理ソフト – EaseUS Partition Master Free |EaseUS公式サイト

このフリーソフトが秀逸で、
各ドライブ(パーティション)の
サイズ変更や移動が楽々行えます。

設定して再起動すれば、
あっという間に
Dドライブが120GBに、
Cドライブが345GBになりました。

最後に

今回の事例でも、
視野の狭さを痛感しました。

人は特に、自分が得意に
していない事案については、
目が近くなります。

視野が狭くなりがちです。

車の運転が苦手な人ほど、
フロントガラスごしの光景が
狭く見えるといいますし。

そういう事案にあたることは
できるだけ避けたいものですが、
そうとばかりいってられない
こともあります。

そんなときは、
同じ悩みの人がどう解決したか、
ググってみることを忘れずに。

そこには、自分の発想を超える
解決策があるかもしれません。。。

*************************************************************

【編集後記】
Cドライブを拡張したあとは
面倒ですが、Dドライブに
移したファイルを戻しました。
そのままでも良かったんですが、
愚手の痕跡を消したかったので、、、

【昨日の一日一新】
藤和峠から竹田城跡を望む(冒頭の写真)

*************************************************************

■ 石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<ブログランキングに参加しています>

ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。