Pocket

案内板が変化していることに、最近気がつきました。

スクリーンショット 2015 06 05 8 19 45

スポンサーリンク

higashizume?いーすと?

三左衛門堀橋東詰、姫路市役所近くの交差点です。

DSC02829

この交差点案内は、昔からのスタイルです。

「Sanzaemonboribashi-higashizume」

東詰は“ひがしづめ”なんだから、
“zume”じゃなくて“dume”では?
ということではありません。

ちなみに、ヘボン式表記では、
“ず”も“づ”も“zu”が正解です。

さて、このローマ字表記って意味ありますかね?

ローマ字表記は、日本語(漢字)が読めないけど
アルファベットは読める人へのサポートのはず。

そういう人に“higashizume”という表記で
いったい何が伝わるというのでしょう?

これって、音を伝えているだけですよね?

前半の“Sanzaemonboribashi”というのは、
「三左衛門堀橋」というのが固有名詞のため、
このように伝える以外に方法はありません。

しかし、「東詰」は固有名詞ではなく、
橋の「東側」という意味を持つはずです。
であれば、東側ということを英語で記載する方が
多くの外国人にとって意味のある案内ではないでしょうか?

我々日本人が海外に行ったとして、日本語案内板には
「いーすと」と書いてあるより「東」と書いてある方が
意味はよく分かりますよね?

もうかれこれ中学生時代から思ってたことなんです。

・・・・・・Bridge West!

ところが、全然気づいていなかったのですが、
先日赤信号でとまったときにふと見上げると、
「おおっ!」と思わず声をあげてしまいました。

スポンサーリンク

DSC02825

「三左衛門堀橋西詰」の下に
“Sanzaemonbori Bridge West”と
記載してあります。

「三左衛門堀」に架かる「橋」の「西側」だと
英語圏の方にも理解していただけるでしょう。

他にも、「庄田中」は“Central Shoda”に。

DSC02828

このあたりが「庄田」という地域で、その
ちょうど真ん中あたりにいることがわかります。
“Shodanaka”だと、なんのことかさっぱりですよね。

海外から積極的に観光客を呼び込みたいのであれば、
そして、海外からの移住者を受け入れるのであれば、
こういった細かい点にも配慮をしていくことが
大切だと思いますし、そこに手を打っている
我が街が少し誇らしく思いました。

意味があるかどうか、考えよう

こういったことは、慣例に従っていく中で
生じるものだと思います。

「前はこうした」「あそこはこうしている」
「この業界はこうやねん」

そう、思考停止です。

思考停止が起こると、多くのムダや不親切を生みます。

せっかくサービスしようとしているのに、
思考停止してしまってはもったいないです。

自分自身のサービスに思考停止している部分はないか、
慣習に寄り添ってしまっている部分はないか、
今一度考えるきっかけになりました。

では。

==============================

【編集後記】

今朝は梅田の蔦屋書店からスタートです。
やはり、朝イチは空いていて快適です(^-^)

梅田の蔦屋書店についてはこちら

【昨日の一日一新】

自宅駐車場工事完了

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。