目標があることで迷うことなく経営学部を選択できました。

DSC09628

スポンサーリンク


[br num=”1″]

[br num=”1″]

目標設定

今の行動を将来に効果的に繋げるためには

目標設定が大切だと言われます。

まったくもってそのとおりです。

 

わたし自身、

仕事においても、

テニスにおいても、

ある目標を設定しています。

 

そうすることで、

日々の取り組みは

より充実したものとなり、

意思決定する際にも

その目標に繋がるかどうかを

基に判断する習慣が身につき、

軸がブレにくいです。

 

そうした日々の積み重ねの中で、

やはり目標を設定することが

大切だと感じているわけです。

 

そう感じる理由は二つあります。

 

①目標を達成するため

②やるべきことを明確にするため

 

この二つです。

 

達成感

目標を達成するためには

目標を設定しなければいけません。

 

設定されていないものは、

目標ではありません。

 

目標として設定することで

それを達成できます。

 

達成というのは、

ある地点に到達することです。

そして、その地点を

事前に示すのが目標です。

 

ある日、振り向いたときに

何かが達成できていたというのも

ありでしょうが、

人は目標を達成することで

自分自身に自信が持てます。

 

せっかく日々時間と労力をかけるのであれば、

仕事であれ、勉強であれ、スポーツであれ、

目標を設定しましょう。

 

やるべきことの明確化

そして、達成する前に得られる効果として

「やるべきことの明確化」が挙げられます。

 

たとえば、

35歳で税理士事務所を開業する

それまでに実務経験が必要

30歳までに資格を取得しておきたい

事務所と試験の両立はたいへんらしい

事務所に入る前に試験は終わらせておこう

28歳くらいで事務所に入ろう

それまでに5科目合格しなきゃ

まだうつつを抜かしてても大丈夫か(25歳)

 

 

けっして褒められない事例ですが、

わたしがよかったと感じるのは

35歳での独立を決めていたこと。

独立開業の時期を定めていたことで

それまでにやるべきことが

明確になっていました。

 

そして、なによりも、

今はまだ遊んでてもいいか、

という判断ができます。

 

そう、その時点での優先順位が

明確になります。

 

フルパワーで脱力することなく

邁進できる人はいいですが、

わたしはそれだともちません。

イヤになってしまいそうです。

バランス良く過ごしたいです。

そんな自分にとって、

まだ緩めても大丈夫という判断が

できたことはとても助かりました。

 

<閑話休題−うつつを抜かした結果>

海外経験もほぼない状況で

イタリア&イギリスに

サッカー観戦ひとり旅に出向き、

ライオンキングを観劇し、

P1010065

スポンサーリンク

 

クリスマスの朝にまさかの遭遇をし、

P1010072

 

その後の訪れたミラノ<サンシーロ>で

PC210012

 

またまた業界人と遭遇しました。

PC210015

 

ロンドンでは当時稲本選手が

所属していたフルハムの試合を

観る予定でした。

しかし、ケガでメンバーから外れたため、

フルハム観戦をやめて

アーセナルVSリバプールに変更。

ベルカンプとピレスに感動。

その後、クリスマスで交通が

完全に麻痺したロンドン市内を

ブラブラと散歩していると

まさかの本人に遭遇。

いやはや、面白い旅でした。

<ここまで>

 

また、24歳のとき、過去にご指導いただいた先生から

「TACの講師をしてみる気はない?」と誘われた際にも、

35歳で独立と考えていたので、

 

独立当初は仕事がない

別の収入を作っておくべき

講師業は事務所と兼ねてできる仕事

独立時に始めるより、それまでに経験しておく方が有利

「ぜひやらせてください!」

 

独立を目標に掲げていなければ、

別の収入を育てる意識は

そこまで働かなかったでしょう。

 

結果的にとてもやりがいのある仕事を

経験できていますし、

独立当初は本当に助かりましたし、

もっといえば、

この収入を作っていたことも

独立の後押しになりましたし、

当時の判断を褒めてやりたいです。

 

休みの宿題はまともにやらないし、

三者面談の際には授業中の私語を注意されるし、

そんなわが息子が教壇に立っていることに

両親は今も違和感しかないそうですが・・・。

 

まとめ

おそらく、ほとんどの方は

日々何かに力を注いでいることでしょう。

 

せっかく日々時間と労力をかけるのであれば、

仕事であれ勉強であれスポーツであれ、

目標を設定しましょう。

 

そうすることで、

日々の取り組みを

将来に繋げましょう。

[br num=”1″]
[br num=”1″]

*************************************************************

【編集後記】
少し前の旅行ネタを盛り込んでみました。
今よりも自由だったあのときに
行っておいて本当に良かったです。
目の前で通ったピレスから
アンリへのスルーパスに
大興奮したのが懐かしい。

稲本さん、岡田さんとの写真、
挙げてよかったのだろうか。
ご本人並びに関係者の方、
もし不都合であれば
ご連絡ください。

【昨日の一日一新】
カルータラ ビーフ&レンズ豆カレー

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。