経理で出た数字を見るのではありません。

T20F1645

スポンサーリンク

経理を活かす

事業を開始すると、
ついてまわるのが
経理業務です。

個人事業なら所得税の、
法人なら法人税の
確定申告のために
経理業務は必須です。

義務づけられた経理を
少しでも経営に活かすために
出てくる数字を活用する
姿勢を持ちたいものです。

そして、できれば
もう一歩前に進んで
積極的に活用したいです。

出てきた数字を活かす

ではなく、

活かせる数字が出てくるようにする

という姿勢です。

区分分けと集約

分ける

事業内容にもよりますが、
売上をただ「売上高」だけで
データ入力するのは
もったいないです。

得意先ごとや商品ごと、
地域ごとに区分して
データ入力すれば
できあがったデータから
それぞれの推移や比率が
容易に掴めます。

初期設定に一手間加えることで
経理の活かし方に大きな差が出ます。

まとめる

代表的なものは
「消耗品費」と「事務用品費」

これを分ける意味があるかを
まず考えてみましょう。

ゴミ袋やカゴといった消耗品、
テープやカッターなどの事務用品、
いずれかを区別して管理したその先に
「めっちゃいいやん」となるような
データは出てくるでしょうか。

わたしにはその必要性はありません。

ですので、わたしは「事務用品費」という
科目は消してしまっています。

すべて「消耗品費」でまとめています。

スポンサーリンク

それで困ったことは一度もないので
お客様にもそのようにお伝えした上で
検討いただいています。

最後に

セカンドオピニオンとして
関与させていただくと、
こうした取組をしていない
事務所の出力する帳票とも
頻繁に遭遇します。

まだまだ会計事務所業界が
日本の中小企業を本当の意味で
支えきれていないという印象を
受けるとともに、われわれの業界が
しっかりとサポートできれば、
中小企業はもっと強くなれます。

計画を立てて目標に向かって
研鑽される企業と共にいると
そのように強く思います。

*************************************************************

【編集後記】

先日ふと目にした記事に
「旅に持っていくカメラ選び」
というものがありました。

その方曰く、
「写真を撮りに旅をするのか」
「旅先で写真を撮るのか」を
まずは分けた方がいい、と。

写真を撮るために旅をするなら
その被写体ごとにベストな選択が
あるはずで、そこは予算の範囲内で
最大限の選択をすべきだと。

しかし、旅先で写真を撮るのだと、
カメラってなんだかんだで荷物になるし、
今のスマホはじゅうぶんきれいに写るんで
写真が目的でなければスマホでじゅうぶん。
スマホだと荷物も増えませんし、と。

たしかにそうだ、と思いつつも
やっぱりカメラをぶら下げて
自転車にまたがっています。

姫路城は今日もキレイです。

【週末の一日一新】
智頭急行 佐用-上郡
黒棒

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。