旅での食事にはいつも以上にこだわりたいものです。

DSC03254

スポンサーリンク


[br num=”1″]

[br num=”1″]

一日のはじまり、朝食からこだわりたい

日常を離れ、遠い土地に行ったときには、
その土地で食べる物にはこだわりたいです。

とくにそこでしか味わえない味や、
体感できない雰囲気を大切にしたいです。

昼食や夕食と比べると、朝食は意外と
簡単に済ませてしまいがちです。

“もったいない”

一日は朝食から始まります。
朝食からこだわりたいです。

わたしは最近、東京に出張しましたが、
東京での朝ごはんはたいてい決まっています。

『パンとエスプレッソと』(表参道)

ここのパニーニが絶品なんです。
なので、ついつい足を運んでしまいます。

さて、わたしが過ごす神戸の街も
多くの観光客がいらっしゃいます。

ここにも、モーニングにふと立ち寄りたくなる店が
いくつかありますので、いくつか紹介します。

味も雰囲気も抜群、、、

第1回目は、『フロインドリーブ』さんです。

DSC03242

教会の礼拝堂を改装した吹き抜けの空間で、
ゆったりとした非日常を味わえます。

エントランス

DSC03243

食事スペースの2Fにあがるところにある
待合スペースもすてきな感じですね。

DSC03245

こちらはミーティングなどにも使える個室。

DSC03261

店内の雰囲気はこんな感じ。

天井

DSC03249

フロア

DSC03250

ドイツパンと焼き菓子に定評のあるフロインドリーブさんが
こだわりぬいたモーニングやランチを食すことができます。

モーニングのメニューはこちら。

DSC03246

オススメはモーニングサンドウィッチ(864円)

DSC03252

最初にクッキーが2枚運ばれてきます。
(写真を撮る前に1枚食べてしまいました・・・)

DSC03251

スポンサーリンク

そして、ワンプレートに盛られたサンドウィッチと
ドリンク(今回はアップルジュース)が運ばれてきます。

DSC03255

サラダの野菜がみずみずしく、

DSC03257

サンドウィッチはとくに濃厚なマヨネーズで和えられた
タマゴサンドが秀逸です。

DSC03260

難点は開店時間とロケーション

難点は、まず開店時間が10時と遅めですので、
朝早くから活動したい人には不向きです。

そして、ロケーションもあまりよくありません。

三宮駅からは緩やかな坂道を10分以上登り続けます。

新神戸駅からもそれほど近くありません。

そのため、猛暑時や雨天時にはなかなか厳しいでしょう。

しかし、神戸市バスの「加納町2丁目」のバス停からは
徒歩1分でいけますし、重要文化財にも選定されている
この建物は探訪する価値ありです。

異国情緒あふれる神戸のイメージにぴったりのカフェで
こだわりを感じるモーニングはいかがでしょうか。

<関連記事>

神戸おすすめモーニングvol.2『EVIAN COFFEE』 | 歩々是道場 〜脱力系税理士のblog〜

神戸おすすめモーニングvol.3『元町サントス』 | 歩々是道場 〜脱力系税理士のblog〜

神戸おすすめモーニングvol.4『ブランジェリー・コムシノワ』 | 歩々是道場 〜脱力系税理士のblog〜

神戸おすすめモーニングvol.5『にしむら珈琲』 | 歩々是道場 〜脱力系税理士のblog〜

神戸おすすめモーニングvol.6『place de Pasto』 | 歩々是道場 〜脱力系税理士のblog〜

==============================

【編集後記】

昨日は7時からテニスしましたが、
すでに暑すぎますね。
ひさびさに倒れそうになりました。
気をつけないと・・・。

今から五島列島に向かいます!

【昨日の一日一新】

長男と自宅前で水遊び

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。