発信するからこそ受信力があがります。

DP0Q0892 2

スポンサーリンク

ダルビッシュ有さんの発信

先日、プロ野球の世界で活躍された
ムネリンこと川崎宗則選手が
引退を発表されました。

彼の姿勢に感銘を受けて
記事にしたこともありました。

“その先が見えている”から、頑張ることができる

そんな報道と共にダルビッシュ有投手が
自身のブログを更新し、川崎選手への
想いを伝えてくださいました。

ダルビッシュ有『友と共に 2』

こうした発信を受けることができる
この時代に生まれたことを
本当によかったと感じています。

きっと昔の名選手の間にも
こうしたエピソードは
たくさんあったことでしょう。

しかし、私たち一般人に届けられるのは
新聞などのメディアによるものばかり。

そこに悪意のフィルターがかけられていても
それを知るよしもありませんでした。

今はダイレクトに伝えることができるので
選手のみなさんにとってもきっと
ストレスは軽減されていることでしょう。

綿貫敬介選手の発信

また、プロテニスプレーヤーである
綿貫圭介選手も、ケガに苦しみながらも
復帰の道を進む錦織選手を取り巻く環境に
対して、次のように発信されました。

正直、ライバルでもある日本人プロ選手が
ここまで錦織選手のことを想い、
自分ごとのように心を痛めているとは
想像だにしていませんでした。

こうした内面を知ることができたのも
彼が発信してくれたおかげです。

SNSでの発信が持つ力

こうしたことを通じて感じるのは、
SNSがあったことで確実に
現実に接点がない方とも
心理的距離が縮まるということ。

別にプロスポーツ選手だけでなく、
同業の方であったり受験生だったり、
一個人として活動されているわけですが
そうした方々がブログやTwitterで
発信されているものを拝読して
勝手に親近感を持ったり、
逆に反発を覚えたりしています。

これってすごいことですよね。

きっと、わたしがこのブログに
日々綴っていることにも
共感いただける方もいれば
そうでない方もいらっしゃるでしょう。

いずれの方向にせよ、誰かの心に
さざ波くらいは起こせているわけです。

最初はこうして発信することに
ものすごく抵抗がありましたが
気がつけばもうすぐ900を数えます。

継続していく中で、
たくさんのことを学び、
そしていろんな方の存在を
逆に知るきっかけになりました。

自分自身が発信していなければ、
誰かの発信にここまで関心を
持たなかったのも事実です。

日常的に接点のある方だけでなく
世の中のいろんな方々から
多くの刺激を求めるのであれば、
まずはTwitterで呟いてみましょう。

きっと世界が変わります。

*************************************************************

【編集後記】
今年の桜は開花から満開までが
めちゃくちゃはやいですね。
ミツマタを追いかけてたら
姫路城ももうすでに
満開間近(らしい)です。

【昨日の一日一新】
山林内でドローンフライト

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。