城?庭園?いやいや、子どもはそんなところには反応しません。

DSC07852

スポンサーリンク

子連れのおでかけで避けたいこと

子連れでおでかけするときに
できるかぎり避けたいこと、
それは『グズり』です。

子どもがグズりだしたら
なかなかやっかいです。

理屈ではないからです。

眠たくなったり、お腹が空いたり、
といった生理現象でのグズりは
どうしようもないですが、
親の心がけ次第で避けられる
ものもあります。

“関心がないことでのグズり”です。

今から30年ほど前、我が家では
兵庫県北部にドライブすると、
ほぼ必ず竹田城址に寄り道と
いうのが定番になっていました。

▼雪の残る竹田城址

P1020433

今ほど注目はされておらず、
城址のすぐ下まで車でいけたので、
体力的につらいということは
なかったのですが、なんせ
面白くない。関心が持てない。

近づいてくるとたぬき寝入りを
試みたりしてましたし、
上に登ってからもブーブー
文句たれてました・・・。

子どもは正直です。。。

多少の気遣いは見せるものの、
関心が持てなければ、
露骨に態度に現れます。

そんな悩ましく愛おしい
モンスターたちが
目をキラキラさせる施設が
津山に2つありました。

キーワードは
「鉄道」と「自然」です。

津山まなびの鉄道館

ここは、JR姫新線津山駅の
すぐ南側にあります。

日本で2番目に大きい扇形車庫を
利用した展示スペースが圧巻です。

DSC07862

機関車トーマスが
毎晩帰ってくる機関庫と
構造がよく似てます。

この日は中央の転車台を
動かすイベントがあり、
いつもより人出が
多かったようですが、
それでも30人程度。
ゆっくり鑑賞できます。

雪かきのラッセル車も間近に。

DSC07857

すぐ隣に実際の津山駅があり、
現在の車両基地もあるので、
鉄道好きにはたまらないですね。

P1030532

加悦SL広場のように、
乗りこんだり触ったりが
できない点は残念ですが、
かなりテンションが
あがるスポットです。

<参考までに>加悦SL広場に関する記事

『加悦SL広場』は鉄道キッズにおすすめ | 歩々是道場 〜脱力系税理士ブログ〜

一つだけ注文するとすると、
「あゆみ館」「しくみ館」という施設は
展示内容自体はいいんです。が、

トイレと併設されたコンテナルームでして、
微妙にトイレ臭が漂っていました。

そこはなんとかしてほしいかな、と。

つやま自然のふしぎ館

もう一つは「自然」です。

その名も『つやま自然のふしぎ館』

DSC07870

ここは、珍しい動物の剥製を中心に、
昆虫類、貝類、鉱石類、化石類と、
多岐にわたる自然科学関連の資料が
展示されている総合博物館です。

通常の動物園では感じることができない
動物の恐怖を感じることができる
貴重なスポットです。

なぜかというと、ものすごく
活動的な姿勢で展示されている
剥製が多いからです。

それゆえ、爪や牙の鋭さや
体躯からくる迫力が
見事に再現されています。

通常の動物園で観る、
寝てばっかりのトラや
ライオン、ワシからは
感じることはできません。

スポンサーリンク

DSC07871

動物園でははたして
強いのかどうかわからない
猛獣たちのこわさを
肌感覚で感じることができます。

▼トラ

DSC07872

▼ワシ

DSC07874

▼ヒグマなど

DSC07875

▼ホッキョクグマとゾウアザラシ

DSC07878

▼ワニ

DSC07882

特に動物系の展示は
その大きさや迫力に
圧倒され続けます。

そればかりに気が取られて、
鉱物や昆虫、化石の写真が
一枚もありません。。。

手書きの掲示物も
おもむきがありますね。

DSC07876 DSC07881 DSC07885

人体系の展示では、
もっと衝撃的なものが
あったのですが、
それはみなさんが
足を運んだときに
驚いてください。

この館の創設者の
“突き抜けた変人ぶり”に
驚愕することは
間違いありません。

おまけ

町の中心部の商店街には、
至るところにカッパが。

DSC07887

子連れだけでなく、
カッパ好きにも
津山はオススメですよ。

<カッパといえばここ>

珍スポット『河童公園』きみはカッパを見たことがあるか? | 歩々是道場 〜脱力系税理士ブログ〜

*************************************************************

【編集後記】
いよいよテニスのWTFが
ロンドンで開幕しました。

TOP8を2組に分けて行う
予選リーグののち、
上位2人ずつ、計4人での
トーナメントへ続きます。
この大会の試合はすべて
3セットマッチです。

注目の錦織選手の初戦は
今日の23時。
相手はバブリンカ選手。
バブリンカ選手は、
5セットマッチで無類の
強さを発揮する選手、
3セットマッチはあまり
得意ではありません。

6:4で錦織選手有利と
みています。

さぁ、どうなりますかね。

【昨日の一日一新】
津山まなびの鉄道館
つやま自然のふしぎ館

*************************************************************

■ 石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<ブログランキングに参加しています>

ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。