関西地方は今日にも梅雨入りの予感。

DSC01589

スポンサーリンク

雨が降る朝のゆゆしき問題

それは「どの靴を履こうか」というもの。

わたしのラインナップはスニーカーが主流。
ニューバランス2足とナイキ1足を
ヘビーローテーションで履いています。

すべて履き心地が抜群で、
長時間履いていても
疲れないところが
お気に入りです。

しかし、そんなレギュラー陣にも
一つだけ問題があります。

それは、雨の日の登板です。

どれを登板させるか、
ここに非常に迷います。

なんせすべて気に入っているだけに
できれば傷めたくないです。

購入後すぐに防水スプレーで下処理はしてますが、
雨に濡れるとやっぱり劣化は避けられません。

一番廉価だったナイキを登場させるケースが
多かったのですが、ある日気づきました。

「雨の日用のクツを買えばいい」ということに。

二種類ある“濡れても平気”

世の中には2種類の靴しかありません。

「濡れてはいけないクツ」と
「濡れても大丈夫なクツ」

そして、濡れても大丈夫なクツも
2種類しかありません。

「水に入っても大丈夫なクツ」と
「水がかかっても大丈夫なクツ」

沢登りなどのアクティビティでは
前者のタイプが重宝します。
夏場のネイチャーフォトにも
きっと活躍しそう。。。

ただし、靴下を濡らしたくない日常生活では
後者のタイプがほしいところです。

そこで選んだのが「トレッキングシューズ」

本格的なハイカットのものは
日常生活では使い勝手が悪いので
ローカットのものがオススメ。
そして、デザイン的にも
山々しくないものを。

数日間に及ぶリサーチの末、
わたしが選んだのはKEENでした。

TARGHEE EXP WP

こちらのTARGHEEですが、
通常モデルではなく
ELNEST Creative Activity 
とのコラボモデル。

『ELNEST〜』とは、
井浦新(ARATA)さんが
ディレクターを務める
ファッションブランドです。

スポンサーリンク

同世代のわたしにはメンズノンノモデルの
ARATAさんとしてなじみ深いですが、
今はすっかり幅広い役者さんでありつつ
マルチに活躍されるアーティストですね。

尾形光琳の「風神雷神図」の背面に描かれた
酒井抱一筆「夏秋草図屏風」をコンセプトに、
雷神により降らされた雨に打たれる夏草(右隻)と
風神によって巻き起こる風になびく秋草(左隻)を
左右非対称に落とし込んだものになっているとか。

そこまでディテールに興味はありませんが、
たしかに左右非対称のそれは少し変わっていますね。

DSC01591

つま先のぽってり感が良いです。

DSC01590

こちらのモデル、防水透湿性をウリにする
“KEEN DRY”という素材が使われています。

DSC01592

いわゆるゴアテックス的なものです。

さっそく、強い雨が降っていた今朝、
ゴミ出しからの出勤という流れで
履いてみましたが、
靴下はまったく濡れず。
中はまじでサラサラ。
いや、これはすごいです。

念のため速乾性の靴下を履けば
まさに鬼に金棒。

なんで今まで気づかなかったんだろう・・・。

ソールは少し柔らかめで
本気のトレッキングには
不向きですが、
ある程度舗装された道なら
まったく問題なく
軽快に歩けます。

DSC01594

昨日の朝はこの靴を履いて
近くの書写山に登りましたが、

T20F2582

滑ることもなく快適でした。

雨の日が憂鬱な理由の一つが足元だったら
ぜひ選択肢の一つにトレッキングシューズを!

DSC01595

長靴よりコーデも楽しめますよ。

*************************************************************

【編集後記】
(おそらく)梅雨入りを記念して
今日は不快な梅雨を吹っ飛ばす記事に
してみました。
不快を吹っ飛ばすには、
メンタルとツールの両方から
アプローチしていきたいですね。

ちなみに、写真を趣味にすれば、
大雨も「モヤが出そうo(^-^)o」
雪なら「銀世界が撮れるo(^-^)o」
とメンタルが前向きになりますよ。
梅雨時期も、滝の水量が増えるのが
楽しみで仕方ありません。
はやく晴れ間がやってこないかなと
心待ちにしています(^^)

【昨日の一日一新】
TARGHEE EXP WP
SUUNTO TRAVERSE

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。