Pocket

カレー探訪シリーズ第17弾です。

DSC01813

スポンサーリンク

三宮駅の海側にあるインド料理店

今回訪れたのは、神戸市役所の北側にある
インド料理店『シャンカル』さんです。

私の地元姫路にも同じ名前のお店が2店舗あります。
てっきり別のお店だと思っていましたが、
実はこちらのお店の支店だそうです。

平日はリーズナブルなランチが用意されています。
(それでも、普通のランチよりは高めですね)

DSC01805

インド料理店でカレーを食べる目的の一つが“ナン”。

もっちりしつつ、裏が香ばしいナンに出会ったときには
思わず笑みがこぼれます。

もっちりが強すぎてもくどい、香ばしさだけでも物足りない、
そんなナンへの思いを抱きつつ、地下への階段を降りていきます。

DSC01817

インド人と思われる方々が機敏にサービスされています。

DSC01815

ランチセットではカレーを3種類から選択

・チキンカレー
・キーマエッグカレー
・本日のスペシャルカレー

私はキーマエッグカレーを選択しました。

オーダーしたらすぐに、サラダとラッシーが運ばれてきました。

DSC01807

スポンサーリンク

そしてメインのカレーとナンが運ばれてきます。

ナン、はみ出てます。ていうか、のっかってます。

DSC01812

もっちり感と香ばしさが両立した美味しいナンでした。

キーマエッグカレーはこちら。

DSC01811

真ん中にゆで卵が半分、入っています。

こちらのお店では辛さを50段階から選びます。

DSC01809

辛口(5)を選択しましたが、あまり辛くなかったです。
インデアンカレーが平気な辛いもの好きの方には
10以上をお薦めします(^-^)

巨大なナンに「ルーが足りなくなるのでは?」と
懸念しましたが、ルーの油分が控えめなのか、
全然くどくならないので、ちょうどいい具合に
フィニッシュを迎えられました。

休日になるとランチでも1,000円オーバーするので、
美味しいナンをたっぷり食べたくなったときは
平日に訪れることをお薦めします。

DSC01816

ではでは。

==============================

【編集後記】

「嫌われる勇気」を読みました。
視点や論理が斬新で、とても強い
関心をもって読むことができました。

【一日一新】

オルヴィエート

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。