Pocket

木曜日は税理士試験攻略シリーズ。今日は消費税の“計算表”の話です。

スクリーンショット 2015 02 19 17 31 38

“計算表”作成のススメ

消費税の総合計算問題を解くと
答案用紙作成までに相当の時間を
要することになります。

限られた時間の中で効率的に問題を解くために
私が受験生時代に役立ったもの、
それは“計算表”です。

“計算表”とは

人によっては「仮計表」という人もいます。

白紙に枠を書いて作成する集計表です。

<個人事業者>

スクリーンショット 2015 02 19 16 58 01
スクリーンショット 2015 02 19 16 58 08

<法人>

スクリーンショット 2015 02 19 16 53 53
スクリーンショット 2015 02 19 16 54 06

一番上のタイムテーブルの記載方法が異なります。

基準期間についてのケア

この時点ですでに、「なぜ区別するの?」と気になった方、
いいところに気づいていただけました。

なぜ、個人事業者と法人を区別したのでしょう?

それは、「基準期間のとらえ方が異なるから」です。

個人事業者における基準期間は「前々年」です。
法人における基準期間は「前々事業年度」です。

スクリーンショット 2015 02 19 17 04 53

両者はよく似ているようで全く違います。

<個人事業者>にとって「前々年」は
事業活動の有無はあっても必ず存在します。
(2歳になるまでに商売を始めない限りは・・・)

<法人>の「事業年度」には「事業年度なし」(設立前)や
「1年未満」の可能性があります。

スクリーンショット 2015 02 19 17 07 32

したがって、基準期間について、<法人>の場合には

スクリーンショット 2015 02 19 17 09 31

という規定が設けられており、この場合の基準期間は
このようになります。

スクリーンショット 2015 02 19 17 10 23

このため、一番上のタイムテーブルの書き方が
<個人事業者>と<法人>とでは異なります。

常にこのように書いて、法人の基準期間の規定を
意識付けしていきます。
そして、無意識にこのタイムテーブルが書ければ
法人の基準期間についてはばっちりです。

スクリーンショット 2015 02 19 17 12 39

ここに、事業年度の区切りを書き込んでいきます。

こうなるのが定番ですが、

スクリーンショット 2015 02 19 17 14 03

たまにこうなったりもします。

スクリーンショット 2015 02 19 17 14 37

基準期間についてはこの日のブログを参考に。

“計算表”の効果

“計算表”で資料を整理する練習をしていると、
「6.3%課税売上」「免税売上」「非課税売上」
「課税仕入(A)」「課税仕入(B)」「課税仕入(C)」
「6.3%課税売上返還」「免税売上返還」
「非課税売上返還」「貸倒れ」「貸倒れ回収」を
てきぱきと振り分けていく感覚が養われます。

そして、これを解答用紙にまとめて転記することで
どの数字が計算過程のどこに飛ぶかを身体で覚えます。

問題における計算パターンの流れは一定です。
最終的には取引分類の正否が点数を
大きく分けることとなります。

そして、計算パターンが身についていれば、
きちんと答案を作成しなくても“計算表”を
作成することで、総合問題を経験できます。

ハードな問題の場合、答案用紙をきちんと
作ると80〜90分くらいかかりますが、
計算表を作成するだけだと
45〜60分あればできあがります。

忙しい人にとって、この時間の差は大きいでしょう。

では、“計算表”を答練や本試験で作成するかと
言われれば、私は迷うところです。
転記の二度手間による時間のロスは痛いです。
受験生時代は、あくまでも自習用の技術として
使っていて、本番では使いませんでした。

一説には、作成の有無によって短縮できる時間は多くて5分程度。
これを多いとみるか少ないとみるか、は個人差があるでしょうね。

ただ、“計算表”の作成は決してムダではありません。

白紙にひな形を書く作業をするだけで、
計算での注意ポイントが確認できます。

そして、何よりも一日に実践できる問題数が違います。

人一倍多くの問題を解き、回転させたからこそ
1年を通じて上位5%をキープし続けることが
できたと自負しています。
もう一度受験するとしたら、次も迷わず“計算表”を
作って学習するでしょう。

もちろん、たまには答案を完成させて、
計算パターンの確認もしてくださいね。
“計算表”だけでは点数は稼げませんので・・・。

==============================

【編集後記】

昨日は新開地のお客様のところへ。
「福原」の近くの色めくエリアですが、
アートの街でもあります。
神戸のカレー屋を経由して元町、三宮と
歩いたらさすがにくたびれました。

【一日一新】

インドカレー茶屋にきる

==============================

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。