Pocket

準備とはこれから起こるかもしれないことに対する事前対処。
完璧を求めてはいけないが、最善は尽くすべき。

スクリーンショット 2014 08 01 8 13 59

ブログ始めます

開業3周年までちょうどあと1ヶ月の今日、ブログを始めます。
誰でもコストをかけずに情報発信できる時代です。
発信しない手はありません。

発信することで、より論理的に物事をとらえようとし、
いろんな角度から見ようとすることは自分にとって確実にプラスです。
ただし、時間と手間はかかります。

そこで、始めるにあたって様々な準備をしました。

まずノートパソコン

今まで、P社のノートPC(Windows)を使っていました。
不便を感じることはありませんでした。
ただ、いかんせん分厚いのです。

これが私にとってはやっかいで、いざ持ち歩いてみると、
多少の重さよりもかさばることの方が苦痛です。

私の置かれている環境にとって、ブログをまめに更新するためには、
ノートPCを持ち歩くことは必須です。

そこで新しいノートPCの優先事項として「薄いこと」を挙げました。

そんなとき、MacBookAirという選択肢に気づきました。

税理士業界ではWindowsが主流です。
多くの会計・税務ソフトがMacに対応していない以上、仕方ありません。
と思ってました。が、よくよく調べてみると、MacでWindowsを動かすのに
そんなに手間はかからない。しかも、Macを使えば、
Macユーザーのお客様へのサービス向上にもつながります。

そしてなにより、薄くてカッコイイです。

これだと持ち運びに便利で、使っててもテンションも上がります。
日々のブログ更新を後押ししてくれること間違いなしです。

MacBookAir購入しました。

コンパクトデジカメ

次にコンパクトデジカメ(いわゆるコンデジ)です。

ブログを読む場合、画像がある方が読みやすいです。感じもいいです。
したがって、自分のブログには必ず画像をつけるようにしたいのです。

ここでも一つ問題がありました。

一年程前にコンデジを卒業してミラーレス一眼を使っていたのですが、
日々のブログネタを記録するために持ち歩くにはかさばります。
特にレンズ部分がカバンの中で邪魔になります。

そこで、前から目をつけていた1インチセンサー搭載の
ソニー『Cyber-shot DSC-RX100』

これもブログのために購入しました。

やってみなきゃわからない

これらハードへの投資は、事前準備としてできることです。

ただし、ブログを書いていくには、ブログ更新の知識を習得し、
日々の出来事に対する感度をあげる必要があります。
そして、「伝える技術」というものも必要になります。

これらは、始める前からいろいろ考えても仕方ありません。
進みながら考え、考えながら進むしかないのです。

「いっちょやってみるか」の精神で最初の一歩を踏み出しています。

リスクを減らすために準備は必要

毎日PCを持ち歩くことが億劫になる。
毎日写真を撮ることに億劫になる。

これらは想定できる、ブログ更新に対する障害(リスク)です。
こうなってしまうと、自分の目指すブログから遠のいてしまいます。

そうならないために、持ち歩きやすいPCを購入し、
ポケットに入るデジカメを購入しました。

受験勉強でいえば、「出そうなところはおさえた」というところでしょう。

気になる異性とのデートでいえば、「よさそうなお店を調べて予約をした。
待ち合わせ場所からお店までも一度歩いて、歩きやすいかどうか確認した」
というところでしょう。

あとは出たとこ勝負です。

「受験勉強に完璧を求めてはいけない。ただし、最善は尽くすべきだ」と
日頃から、税理士試験の受験生に語りかけています。
自分自身の税理士受験時代もそう考え、行動してきました。

想定外の困難はきっとこれからいろんなところで降りかかるでしょう。

それをおそれても仕方ありません。
第一、想定外ですから・・・、事前対処ができません。

それよりも、最善の準備を尽くした上で、様々なことにチャレンジし、
自分を取り巻く環境の変化に対応し続け、やるべきことを模索し、
自分自身を成長させていくことが大切なのでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

編集後記

今日は午前中に神戸元町でアポイントがあるため、
神戸居留地のスターバックスでブログを書いてみました。
Wi-Fiと電源があるスターバックスには、
これからよくお世話になりそうです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。