Pocket

今、チャレンジしています。

DSC00539

スポンサーリンク

ダブルバックハンドのはじまり

高校1年の春、テニスを始めました。
当時はあまり熱心にやっておらず、
大学に入り、サークル活動を続けていく中で
徐々にのめり込みました。

その後、税理士試験チャレンジのために休んだ反動で、
受験生活が終わってからは爆発的にプレイ時間が増えました。
毎週片道1時間のスクールにも通い、試合にも出続けました。

2009年夏の大会にて
P8230052

そんな中でずっとモヤモヤしていたことがありました。
バックハンドストロークです。

バックハンドストロークには、二つの打ち方があります。
シングルハンド(片手打ち)とダブルハンド(両手打ち)。
ちなみに、錦織君は世界有数のダブルハンドの使い手です。

高校の部活で最初に教えられたのがダブルハンド。
その後、なんかしっくりこないな、と思いながらも、
全然だめなわけでもないし、ずっとやっていれば
そのうち上手くなっていくだろうとそのままに・・・。

たしかに最初よりは多少上手くなりました。
しかし、その間も頭の中では自問自答が続きます。
“もしシングルハンドに取り組んだらどうなんだろう?”
“いや、シングルハンドは難しいらしい。無理だろう”
“ラケットも進化して、シングルハンドも昔より簡単?”
“ダブルハンドでそこそこ打てるのに、変える必要ある?”
“そもそも、今変えたら試合でペアに迷惑かかるで”

プレイ時間の減少が転機

転機が訪れたのはこどもの誕生です。
テニス時間が一気に減少しました。
試合に出る回数も減りました。
とくに、急な出来事で出られなくなることを
考えるとペアやチームメイトに迷惑がかかるため、
ダブルスの試合や団体戦からは遠ざかります。

スポンサーリンク

自分のテニスをスクラップ&ビルドするのには
いい時期ではないか、と。

月に1回程度通っているスクールのコーチに
「今年はダブルハンド封印します」と4月に宣言し、
シングルハンドのコツをアドバイスいただき、
なんとかかんとかやっています。
まだ、試合で使えるものにはなっていませんが、
それなりに成果も出てきました。

当たり前のように使っていた技術やとっさの対応が
シングルハンドでは難しいことを痛感し、
しっくりこないと感じていたダブルハンドに
ずいぶんと救われていたこともわかりました。

立ち位置を変えて関わることで、見えないものが
見えるようになったのです。

“そこそこできている”はやさしくこわい

“そこそこできている”で、受験は突破できません。
“そこそこできている”では、プロの仕事とは言えません。

ただ、“そこそこできている”は、ときにやさしく微笑みます。
「“そこそこできている”し、そのままでいいんじゃない?」と。

この語りかけから脱出し、次のステージに向かって
歩みを進めることが必要であると信じています。

“そこそこ速い”月次入力も、エクセルデータからの取り込みに
できるだけ移行し、“あっという間”にできる形にしています。
これは無理だなと感じるところも、きっと何か手はあるはず。
そう信じて、探る手を緩めず、日々スキルアップしていきたい所存です。

==============================

【編集後記】
今日のプチチャレンジはこちら。

DSC00890

キャラメル&プディングフラペチーノ
こういう系統もたまにはいいもんです。

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。