神戸の街のイメージにぴったりなレンタルスペースがあります。

DSC00976

スポンサーリンク

古くて新しい施設「KIITO」

「KIITO(デザインクリエイティブセンター神戸)」

DSC00942

「KIITO」とは、旧神戸生糸検査所を改修して、
2012年8月にオープンした複合施設です。
1927年に神戸市立生糸検査所(旧館)が建設され、
その5年後に国に移管し、国立生糸検査所(新館)が
東側に建て増しされ、生糸の輸出の拠点として
重要な役割を果たしたそうです。

DSC00969

2Fには、生糸検査所ギャラリーがあります。

DSC00945

当時使用していた機械も展示されています。

DSC00952

その後、時代の流れの中でその役割を終えた検査所は
2008年に神戸市がユネスコ創造都市ネットワークの
デザイン都市として認定されたことで、その創造の
拠点としてふたたび開館されることになりました。

「KIITO」の現状

現在、主にデザイン関係の企業や研究室が
入居し利用されているこの施設では、
1Fのホールでときおりイベントが開催されます。

DSC00938

そのため、ホールとしてのレンタル利用は
それなりに認知されているようですが、
大小さまざまなレンタルスペースがあることは
あまり知られていません。

現在、ホール(950㎡)ではもうすぐ開催の
「ちびっこうべ」の準備が行われています。

DSC00944

スポンサーリンク

こちらは2FのギャラリーC(135㎡)です。
先日、神戸の雑貨屋さんがセール会場として
使用されていました。

DSC00957

ホールやギャラリーを借りる際には、
控室や楽屋も借りることができます。

また、セミナーに適した通常の会議室(301〜303)や
イベント向きの和室(101)もあります。

スクリーンショット 2014 10 06 17 41 57
(KIITOホームページより)

非常に幅広いニーズに対応できるこの施設、
まだまだ予約は取りやすい状況のようです。

DSC00974

2Fには談笑するスペースも広くとってあります。

DSC00959

いい施設だからこそ継続性が大切

「KIITO」はとてもいい施設です。
今の公共施設ではおそらく困難ではないかと
いうほどディテールに凝った建物ですし、
ゆっくりと見学するだけでもその価値はあります。

魅力ある公共施設ですので、単発の企画モノだけではなく、
NY名物の週末フリーマーケットのような、
街を象徴する持続性のあるイベントが開催され、
それが神戸の街のシンボルとなり、全国から人が
集まってくるようになるといいですね。

==============================

【編集後記】
受験校で講師をしているせいだと思いますが、
リクルート活動の話をよくふられます。
「誰かいい人がいたら紹介してほしい」と。
現在、5つの事務所から声がかかっています。

会計事務所業界は今、まちがいなく
人材不足が深刻化しています。

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。