Pocket

姫路駅前にコミュニティサイクルがやってきました。

DSC01039

スポンサーリンク

交通改革が進む広場に突如出現した「姫ちゃり」

姫路駅周辺は、数年前からの再開発工事を機に
(バスやタクシーを除く)一般車両の乗り入れを
制限する大胆な交通整理改革を行っています。
そのおかげで駅周辺はとても歩きやすくなり、
ちょっと休憩するスペースなども増え、お年寄りや
体の不自由な方に優しい街に生まれ変わっています。

そうしてうまれた駅前広場の一角に、
10月1日、多くの自転車が立ち並ぶ
ステーションが出現しました。

「みんなの自転車 姫ちゃり」

DSC00972

姫路は良くも悪くもソウルフルな都市で、
決して治安(品?)がいいとは言えません。
「傘とちゃりは天下の回りもの」なんていう
迷言がまかり通ってしまうくらいですので、
「みんなの自転車」というフレーズには
“おいおい”と突っ込んでしまいましたが、
今回のこのサービスは観光客にとってとても
便利なものですので紹介したいと思います。

コミュニティサイクル「姫ちゃり」の仕組み

(株式会社IHIエスキューブHPより引用)
コミュニティサイクルとは、町中にいくつもの
自転車貸出拠点(ポート)を設置し、利用者が
どこでも貸出・返却できる新しい交通手段です。
「自転車シェアリング」「サイクルシェアリング」
「都市型レンタサイクル」等とも称されます。

街中に自分の自転車(マイチャリ)がなくても、
自由に自転車が利用でき、街のにぎわいづくりや
自動車から公共交通+コミュニティサイクルへの
転換が期待できると考えられています。

「姫ちゃり」の場合、駅(お城)周辺の7つの
ステーションのどこで返却してもオッケーで、
何度借りても一日100円です。

スクリーンショット 2014 10 06 7 55 41

7つのステーションはこちらです。

スクリーンショット 2014 10 06 7 56 07

ステーションは
① 姫路駅前
② 大手前通
③ 大手前公園
④ 姫路城前
⑤ 文学館
⑥ 図書館
⑦ 美術館
の7カ所です。

この7カ所の設定が実にすばらしいのです。
その理由を含めて、おすすめコースを案内します。

おすすめコース案内

駅前からお城周辺までは約1㎞あります。
①で借りて③か④で返して姫路城散策。
うん、お城まで歩くよりだいぶん楽です。

④のステーションには取材が来ていました。
DSC01049

④からの姫路城はこんな感じです。

DSC00570

姫路城から美術館までは歩いてすぐですので、
美術館に行かれる際には④まで戻って
自転車を借りるより、歩いた方が早いです。

ここの美術館では、毎年「絵本原画展」があり、
楽しみにしている方も多いです。
すぐ北側に博物館もあります。
播磨地方縁の常設展示などを
楽しまれてはいかがでしょうか。

そのあと、姫路文学館へは少し距離があります。
1回100円のバスがありますが、本数が少なく、
文学館前のバス停から100メートル以上歩きます。
こんなときには「姫ちゃり」が便利です。

⑦から⑤まで、自転車だとあっという間です。

⑦のステーションはこちら。

DSC01048

スポンサーリンク

そして、このルートがおすすめなんです。
文学館へ向かう途中、姫路城の裏側を通ります。
普通の観光ルートではなかなか通らないこの道、
私の高校時代の通学路で、犬の散歩コースでした。
姫路城、実は後ろ姿もいいんです。
距離が近いので、迫力があります。
後ろからだとこんな感じに見えます。

DSC00749

そうこうするうちに⑤の文学館に到着です。
小学生時代、砂場遊びやどろけい、野球などをし、
セミやカマキリを捕り、コウモリを見上げた
児童公園がなくなり、この施設ができました。

DSC01041

ここは安藤忠雄氏設計の建物です。

DSC01045

そして、姫路文学館から姫路駅に戻るのも、
バスならバス停まで歩かないといけませんが、
「姫ちゃり」ならあっという間に戻れます。

②や③で返却して、みゆきどおり商店街を
ぶらりするのもおすすめです。

また、少しペダルを踏み込めば、昭和41年に
開催された姫路大博覧会に合わせて就航した、
「姫路モノレール(昭和54年に廃線)」の跡地も
仰ぎ見ることができます。

当時、夢の交通をまたいで作られた近未来建造物
「高尾アパート」は、市民の憧れの的だったそうです。
今はもう使われておらず、撤去作業が行われていますが
それも中断しているのか、最近は作業風景を見なくなりました。

DSC00927

交通ファンの間では有名な建造物のようです。
今でもカメラを向ける人を時折見かけます。

コミュニティサイクルの課題と可能性

実際に、今回の記事を書くにあたって
姫路城周辺を自転車で一周しましたが、
20人くらいの利用者に出会いました。

各ステーションに1人ずつ、計7名の
スタッフを常駐させている現状で
採算が取れているとは思えません。
公共交通機関として予算をつけなければ
継続的に実施することは難しそうです。

そういえば、前に大阪市役所の1Fで
グッドデザイン大賞関連の展示が
あった中にこちらのパネルがあり、
どこか気になり、写真に収めていました。

NCM 0613

これは2012年に名古屋の鶴舞地区で行われた
コミュニティサイクル社会実験「NITY」の様子で、
交通系ICカードのみで認証と決済を行えるようです。

どの程度の設備投資になるのかは不明ですが、
コミュニティサイクルの継続において、
無人サービスの実現は不可欠に思います。

また、実際に運用されるようになれば、
「走行空間の不足」「駐輪空間の不足」と
いった課題も出てくるように思われます。

こういった課題もありますが、市街地・観光地と
自動車の相性は元々決してよくありません。
そして、市街地は放置自転車の問題も抱えます。
こういった問題を解決・軽減する可能性が
コミュニティサイクルにはまちがいなくあります。

駅周辺の交通環境を整え、開発を進める
姫路市が行っているこの試みは、
観光客と生活者の両者にとって優しいサービスで、
自動車・自転車・歩行者の均等化ではなく、
三者の棲み分けを図り、それぞれに適した空間を譲り合い、
シェアしながら共存することを実現するものです。

新しい都市の形として、ヨーロッパの各都市で
実施されているコミュニティサイクルの実現を
ぜひとも成功させてほしいものです。

==============================

【編集後記】
10月10日だというのに、
まだまだ日中は暑いですね。
しかし、朝晩の冷え込みのせいか、
今週は体調不良が続いています。
耳鼻科の先生に診てもらわないと。

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。