今日は「立冬」です。

DSC01194

2014年11月7日は「立冬」です

「立冬」とは、冬のはじまりの日のことを指します。

「立冬」は毎年11月7日ではないようです。
太陽黄径が225度のときということで、
今年はそれが11月7日だそうです。

太陽黃径とは、黄道を360度に分割したものです。

黄道とは天球における太陽の通り道のことで、
太陽はこの天球を1年かけて一周します。
(するように見えます、が正しい表現かも・・・)

春分点を起点(0度)にして、90度が夏至点、
180度が秋分点、270度が冬至点、となります。

つまり、太陽黃径225度とは、秋分と冬至の
ちょうど中間点に位置する場所で、まさに
冬がはじまるタイミングに太陽がいる場所です。

「立冬」とは、このポジションに太陽が来たときをさし、
2012年以降は11月7日ですが、2011年は11月8日でした。

冬が来れば思い出す

日本に四季があって、本当によかったと思います。

季節ごとに必要な家電は違うし、ふとんも替わるし、
洋服も入れ替えないといけないし、寒暖差で副鼻腔に
炎症を起こして咳が止まらなくなるし、、、
1年間で4回も生活環境が変わることには面倒なことも
多いです。

しかし、梨、桃、白菜、トマト、なす、牡蠣、熱燗、、、
季節がころころ変わるおかげで、一段と美味しく
いただけるものがあることを考えると悪くありません。
そして、泳いで、走って、滑って、いろんな趣味を
満喫するためにも、四季があることはありがたいですね。

また、暦を見たりその場所に行かなくても、気温や天候で
昔を思い出すことができるのも四季があるからでしょう。

私が寒くなりだすこの時期に思い出すのは、税理士試験の
合格発表であったり、恒例の大学同期との初詣だったり、
炊き出しがありがたいテニスの試合だったり、、、
こういったものは、暖かい時節にはあまり意識しませんが、
寒くなるとなんとなく思い出します。

これは暦からではなく、体感からくる現象です。

うん、やっぱり四季があることはすばらしいです(^-^)

四季を従業員の行動管理指導に活用する

事業において各従業員の目標設定と実行管理をする際、
「いつまでに何をする」という管理は必ず必要です。
従業員の育成においても絶対に必要な視点です。

ただし、ミーティングや朝礼、個別面談のたびに
「あれはどこまでできている?〇月△日までに
ここまでできていないといけないからね」と
きっちり管理されることを息苦しく感じる人も
きっといると思います。

そんなときにおすすめなのが「季節感を交えて
ソフトに管理する」方法です。

個別面談で用いても効果的ではないですが、
ミーティングや朝礼で口うるさくならないために
「桜の咲くころには〜〜」
「海開きのころには〜〜」
「花火大会のころには〜〜」
「雪がちらつくころには〜〜」
といった風に、柔らかい表現で管理することを
ときおり交えることで、管理されることに慣れて
いない人の抵抗感もやわらげることができます。

そして、「こちらはずっと管理しているよ」という
メッセージを暗に伝えることもできます。

行動管理する目的は、目標達成にあります。
であれば、厳格に管理されることに抵抗感が
あると感じられる対象には、このような接し方を
ときおり混ぜることも有効ではないでしょうか。
抵抗がある相手に正攻法で厳格に管理することは、
必ずしも本来の目的である目標達成にプラスに
なるとは限りません。

厳格に管理されることに抵抗を示す従業員を抱える
経営者・管理者の方の一助になれば幸いです。

==============================

【編集後記】

先日、姫路セントラルパークに行ってきました。
ホワイトライオンの赤ちゃんの肉球がかわいかったです。

スクリーンショット 2014 11 07 14 27 12

トップ画像のカピバラもそのときのものです。
温泉に入って気持ちよさそうでした。

==============================

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。