Pocket

カレー探訪、第40弾です。

DSC03146

営業時間がとても短いカレー専門店

今回訪れたのは、大阪玉造にある『アアベルカレー』さんです。
居酒屋を間借りして、昼間だけ営業しているお店です。
だから営業時間がとても短いんですね。

DSC03133

細い細い入り口から

DSC03132

急な階段を登ると

DSC03159

そこにお店があります。

この日のメニュー

DSC03138

あいがけにスパイスたまごをトッピング、
このお店の全てを味わうオーダーです。

カウンターの上には、メニューではなく
カレーの説明が置いてあります。

DSC03137

“パパドの使い方”まで書いてあるのには驚きです。

DSC03140

絶対に再訪したくなるカレー

奥のキッチンから芳醇なスパイスの香りが漂ってきます。
10分くらいでカレーが運ばれてきました。

DSC03145

あいがけのカレーを横から。

DSC03156

ココナッツチキンカレー

DSC03147

もちろん辛いのですが、それだけではありません。
スパイスの香りが鼻から突き抜けていきます。
これは旨いっ!

マトンとひよこ豆のキーマ

DSC03152

マトンですので最初は少しクセを感じましたが、
食べ進めるうちにクセになります。

ダル(豆のカレー)

DSC03150

カチュンバル(レモンとスパイスのサラダ)と
ライタ(ヨーグルトの和え物)

DSC03149

れんこんのアチャール(漬け物的なやつ)

DSC03148

スパイスたまご

DSC03153

スパイスの溶け込んだ油で揚げたゆでたまごで、
辛くありません。

DSC03157

それぞれがしっかりと主張のある一品でありながら、
それらをごちゃまぜにすると、それはそれでまた
ちがった旨みが出てきます。

スリランカ系の混ぜカレーに近い感じですね。

お店を出たら売り切れのお知らせ。
あぶないところでした。

DSC03158

では。

==============================

【編集後記】

来週のこの時間には簿財消費の受験生はすでに
試験から解放されていますね。
あと1週間、基礎をみっちり確認して下さいね!

【昨日の一日一新】

チャンダニー
APPLE

==============================

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。