カレー探訪、第113弾です。

DSC08620

西インド料理をいただける専門店

今回訪れたのは、大阪市にある
『カジャナ』さんです。

最寄り駅は各線西中島南方。
新大阪からも歩けます。

こちらはインド料理店ですが、
とくに西インド地方の料理を
いただくことができます。

西インドにある
グジャラート州、
ここはかの有名な
ガンジーさんの
故郷であり、
ベジタリアンの聖地と
呼ばれる場所。

北インドや南インドという
カテゴリーはよく聞きますが、
“西インド”というフレーズは
初耳だったので、興味津々に
いってきました。

▼メニュー

DSC08564

DSC08565

DSC08566

DSC08623

グジャラート・ターリー・ランチ。

これがうわさの西インドの家庭料理。

もちろんこれをオーダー。

グジャラート・ターリー

10分ほど、待ちました。

隣のビジネスランチと比べると
明らかに出てくるのが遅いです。

けど、ターリーのため。

ワクワクしながら待ちます。

で、ようやく登場。

DSC08616

このアングルがグッドか。

DSC08620

▼サブジ(スパイス炒め)

DSC08617

この中で一番パンチがありました。

とは言っても、
動物性タンパク質は
皆無な中です。

逆に、これを軸で考えると、
いつもの食事はどれだけ
刺激が強いのか、それが
果たしていいことなのか、
考えさせられます。

▼豆の煮込み

DSC08618

豆がクタクタに
煮込んであります。

ベジタリアンって
こういう食事なんだと
実感しました。

▼豆のカレー

DSC08619

少しだけピリッとしていますが、
とっても優しいカレーです。

▼チャパティ

DSC08621

全粒粉のパン、
素朴な味わいで美味いです。

ビジネスランチ

後日再訪してオーダーした
ビジネスランチはこちら。

DSC08561

こちらは一転、釜で焼き上げた
チキンが2切れも入っていて
食べ応えバツグンです(^^)

DSC08560

ナンが選べます。

プレーン、ごま、たまねぎ、ガーリック、

これはたまねぎのナン。

DSC08562

甘みがあって、これだけで
美味しくいただけました!

がっつり食べたいなら、
ビジネスランチか、
スペシャルランチが
オススメです。

西インドの料理を揃えたターリーは
ここでしか味わえないのでは、と
思うくらい独特の優しい味でした。

そして、普段あまり考えることの
なかった、食事のもつ意味について
考えるきっかけにもなりました。

こちらのターリーをいただきながら、
西インドの菜食主義者の生活に
思いを馳せることもまたオススメです。

DSC08568

*************************************************************

【編集後記】
そろそろ業界的に繁忙期。
受講生の顔を見ていれば
察することができます。

ここが踏ん張りどころ。
カレーと肉を食べて
がんばろう!

【昨日の一日一新】
弥生会計ネットワークの設定
JR西日本の缶バッジ

*************************************************************

■ 石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<ブログランキングに参加しています>

ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。