カレー探訪、第35弾です。

DSC03029

アメリカ西海岸のテント小屋をイメージしたカフェ

今回訪れたのは、三宮にある『YURT』さんです。
カレー専門店ではなく、いわゆるカフェです。

DSC03027

テラス席やソファ席もあります。

スクリーンショット 2015 07 08 7 45 46
(YURTのHPより)

さまざまなランチメニューがありますが、

スクリーンショット 2015 07 04 11 44 54

カレー探訪家は迷わずカレーを頼みます。

DSC03025

こちらのランチにはドリンクバーがついています。

DSC03026

こちらのドリンクバー、100%のフルーツジュースが
数種類あってとても充実しています。

まずはピンクグレープフルーツから。

DSC03030

13時をまわり店内は空いていましたが、
料理が出てくるまでに10分くらいかかりました。

盛りつけも美しく、目でも楽しめるカレーランチ

サラダかスープかを選べるので、わたしはサラダを。

DSC03028

こうしたグラスへの盛りつけ、とてもいいですね。
サラダって意外とテーブルの場所取るんです。
だから早く食べて下げてもらったりするんですけど、
こういう風に出てくると、スペースを取らないので、
メインと一緒に楽しめます。

そしてメインは、テーブルを横断するようなお皿に
きれいに盛りつけされた2種類のカレー。

スクリーンショット 2015 07 04 11 49 16

<チキンカレー>

DSC03032

このチキンカレーには、やわらかいチキンがごろっと入っています。
食べ応えがありますが、辛さはほとんどなくマイルドです。

<スパイストマトカレー>

DSC03033

そして、見た目としては辛くなさそうなこちらの
トマトカレーがけっこう辛いです。
辛みの種類としては、スパイス系ではなく、
唐辛子系で甘みもあるので、雰囲気的には
チリソース系統の辛さです。

まんなかのライスの上にはじゃがいもやさつまいも、
ゴボウといった野菜を揚げたものが盛りつけてあります。

DSC03034

2杯目にオレンジジュース

DSC03037

このあと、アイスコーヒーまでしっかりいただきました。

お店の雰囲気もよく、メニューも豊富。
なおかつ、充実したドリンクバーもあるので、
ゆっくり食事するときなんかにおすすめです。

DSC03040

では。

==============================

【編集後記】

ウィンブルドン、ジョコビッチが
持ちこたえました。すごい!
日没順延していた最終セットを
7−5で取り、ベスト8進出です。

今夜からいよいよ男子準々決勝、
目の前の相手を倒すことが一番大切ですが、
いかに早く倒して次に体力を温存できるかも
優勝をうらなう大切な要素です。

ジョコビッチvsチリッチ
ワウリンカvsガスケ
マレーvsポスピシル
フェデラーvsシモン

いよいよ死闘が始まります。

【昨日の一日一新】

ビストロ・ド・ヨシモト
本家菊屋 菊之寿

==============================

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。