税理士受験シリーズ。今日は財表。圧縮記帳についてお伝えします。

スクリーンショット 2015 06 18 10 25 25

スポンサーリンク

税法上の優遇規定 〜圧縮記帳〜

税法上の優遇規定として、圧縮記帳というものがあります。

補助金などの受給時における『課税を繰延べ』てくれる制度です。

この優遇規定を受けるためには、要件があります。

①“〇〇圧縮損”という費用(特別損失)を計上する
②“〇〇圧縮積立金”という積立金を積み立てる

このいずれかを行うことによって、圧縮記帳が適用されます。

①のことを「直接減額方式」といい、
②のことを「積立金方式」と呼びます。

直接減額方式の仕組み

会社が国から補助金を受け取った場合、
会社にとってはもちろん収益です。

50,000円の補助金を受け取れば、50,000円の
“国庫補助金収入”が特別利益に計上され、
会社の利益が増えます。

スクリーンショット 2015 06 18 10 13 31

法人税は会社のもうけに対して課税するので、
補助金をもらうことで、納税額が増えます。

ん?これって、おかしくないですか?

ある特定の目的のために交付した補助金です。

それを受け取った側に納税を求めてしまっては、
けっきょく補助金の一部は国庫に戻ってしまいます。

スクリーンショット 2015 06 18 10 13 42

そこで、そうならないために、“〇〇圧縮損”という
費用科目を50,000円計上することで、両者を相殺し、
利益への影響を無くしてしまいます。
こうすれば、国庫補助金に対しての課税を打ち消せます。

スクリーンショット 2015 06 18 10 13 53

ところが、一方で、国庫補助金のもらった会社は、
それをもらっていない会社よりも得をしています。

得をした会社に課税をしなければ、課税の公平が保てません。

そこで、どうするか?

“〇〇圧縮損”相当額だけ、その補助金で取得した固定資産の
帳簿価額を減額します。

そのための科目が“〇〇圧縮額”(貸方項目)です。

50,000円の補助金を受け取り、自己資金30,000円を足して
80,000円の省エネ設備を購入したとしましょう。

国庫補助金収入 50,000円 → 特別利益
機械装置圧縮損 50,000円 → 特別損失
機械装置圧縮額 50,000円 → 機械装置の簿価を減額

この機械装置は、このあと減価償却という手続によって
費用に振り替えられていきます。

直接減額方式によった場合は、簿価が減額されるため、
減価償却によって費用に振り替えていく金額が、
80,000円から50,000円を控除した30,000円だけに
なります。

スポンサーリンク

スクリーンショット 2015 06 18 10 14 12

本来は80,000円をじっくりと費用化するところですが、
直接減額方式を採用した場合は、そのうちの50,000円を
先食いします。
機械装置圧縮損として費用を一時に計上することと引換えに、
そのあとの減価償却での費用化は30,000円しか
行うことができません。

ということは、直接減額方式とは一年目にドカンと費用を
計上することと引換えに、2年目以降は費用計上額が
少なくなります。

スクリーンショット 2015 06 18 10 13 21

参考として、圧縮記帳しなかった場合はこうなります。

スクリーンショット 2015 06 18 10 14 02

これによって、国からみると、一年目に課税しなかった分を、
二年目以降で課税・徴収することになります。

これが、圧縮記帳が『課税の繰延』といわれるゆえんです。

直接減額方式の問題点

しかし、この「直接減額方式」には問題点があります。

“機械装置圧縮損”って、会社にどんな損失があったの?

損失なんて、現実には生じていません。

ただ、課税の対象から回避したかったから
特別利益と相殺するために計上しただけです。

これは、適正な期間損益計算を目的とする企業会計にとって
けっして好ましい処理とはいえません。

なぜなら、収益とは会社の成果を、
費用とは会社の努力や犠牲を、
数値化して表現するものだからです。

スクリーンショット 2015 06 18 10 22 45

税金は繰り延べたい。が、こんな損失は本当は存在しない。
この、会計における悩みを解決すべく存在するのが
「積立金方式」です。

この「積立金方式」の話はまた来週に。

では。

==============================

【編集後記】

それぞれが多忙(そう)な仕事の合間をぬって
日々トレーニングを重ね、100㎞走ってみたり、
226㎞のトライアスロンにチャレンジされたり、
“ポセイドン”のみなさんに感動すると同時に
ジェラシーを覚えるこの数日。
「仕事と子育てをする中でまぁこれくらいやってたら
よくできてる方ちゃうかな」という感覚をなんとなく
抱いて、自分の合格点を下げていたような気がします。
“そんなんだとテニスを続けている意味ないっすよ”
そんな気合いを入れていただいたことに感謝しつつ、
昨夜は一球入魂で練習してきました。

【昨日の一日一新】

JANAT アールグレイティー

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。