ルートがわかっていれば、目的地にスムーズに進めます。

DSC09310

スポンサーリンク


[br num=”1″]

[br num=”1″]

まずバス停に向かったのはなぜか

姫路市某所在住の私が
東京の目黒に用事があって
向かうことになったとします。

私はまず最寄りのバス停にいきます。

バスに乗り、姫路駅で降ります。

姫路駅から新幹線に乗り品川駅へ、
そこから山手線で目黒駅に降り立ちます。

この一連の行動を紐解くと、

①バス停に向かう

②バスに乗る

③姫路駅でバスを降りる

④姫路駅から新幹線に乗る

⑤品川駅で山手線に乗り換え

⑥目黒駅で降車

こうした流れです。

では、なぜ①をしたのでしょう?

それは、目的地までのルートが
見えていたからです。

目的地である目黒駅に辿り着くには
新幹線か飛行機を使うことが
想定されます。

新幹線を選択した私のすべき行動は
姫路駅に向かうことだと
事前にわかっていました。

だから、迷うことなくバス停に
足を運んだのです。

これって当たり前の行動ですよね?

計算問題を解くときも
全く同じなんです。

[br num=”1″]

ルートを網羅する

財務諸表論の計算問題において、
最終的に求めるべきものは
決まっています。

表示科目と表示区分、
そして金額です。

これらに辿り着くルートは
1つではない場合もありますが、
それほど多様性があるわけでも
ありません。

この“ルートを網羅する”ことを
受験時代は意識していました。

なぜなら、ルートさえ見えれば、
あとはそこから逆算的に考えれば
やるべきことが見えてくるからです。

問題に対して受け身になるのではなく、
「はいはい、このタイプの資料ね。
これはこのルートで解くやつでしょ♪」
というくらいに作問者の上を
進んでやりましょう。

そのためには、各論点における
B/S、P/Lでの表示ルールを熟知し、
そこに辿り着くまでのルートを
徹底的に意識することです。

スポンサーリンク

なんとなく答えが出ることもあれば、
いつもどおりやっているつもりなのに
答えが出ないこともある。

こんなあてずっぽうな解き方に
なってはいけません。

A→B→C、と進むのであれば、
CのためにB、BのためにA、
これが必要だということを
知っておく必要があります。

これが“ルート”です。

[br num=”1″]

総合問題の解き直しはルートの刷り込み

わたしが総合問題の解き直しを
ひたすらに推奨するのは、
“ルートを網羅するため”です。

答えが浮かんでしまうくらいに
解き直しを繰り返して、
資料を見たらパッと
ルートが思い描けるように
反復練習することが大切です。

そうすれば、初めて解く問題でも
資料を見たときにルートが
浮かぶようになります。

これ以上に計算力を
身につける術を
わたしは知りません。

問題を解いて答え合わせをするときには
正解か不正解かをみるだけでなく、
正解までのアプローチを解説等で
確認しましょう。

たとえ正解だったとしても、
自分の知らないルートで
答えが導かれているかも
しれません。

それをマスターしておくことは
その後の問題演習で必ず
プラスになりますよ。

[br num=”1″]
[br num=”1″]

*************************************************************

【編集後記】
昨日から両手バックを再開しました。
スライスの練習のために1年以上
両手バックを封印していたので
不安でしたが、なんとかうまく
リスタートできました。

【昨日の一日一新】
姫路市の景観遺産への申込み

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。