時期のズレを改善することで生まれる効果について。
(咲く時期がみごとにズレた両岸の桜)


発生と支払い

魔法の言葉

『節税』

それは多くの経営者を魅惑する
魔法の言葉です。

ときに、税金を納付していない
赤字会社の社長ですら
「なんかいい節税策ないですかね?」
とおっしゃられる始末・・・。

赤字会社の節税となると、
消費税、固定資産税などが
考えられますが、
今日はその話ではありません。

黒字会社の社長のための節税話です。

そして、この話は節税のみならず、
会社経営に必須の考え方を紹介するものです。

ですので、赤字会社の社長にも
最後まで読んでいただきたいです。


幼少期の商慣行

小さいころ、お小遣いを握りしめて
駄菓子屋に日参した記憶がある方も
多いのではないでしょうか。

わたし自身、そんな幼少期でした。

駄菓子屋「よしだ」の軒先で食べる
20円の(ゴムのような)わらび餅が
この上ない美味しさでした。

この当時の子供社会の商慣行は
お店でお金を支払うことで
反対にわらび餅を受け取り、
食べることができる。

こういった形のものでした。

そう、お金を支払った時点が
「モノを買った」だったのです。

スクリーンショット 2017 04 03 9 59 23


オトナの証

ときが流れ、大人になります。

大人になると、自分名義で
クレジットカードが作れる
ようになります。

最初はどきどきしながら
クレジットカードを利用し、
そのうち当然の流れとして
レジでクレジットカードを
提示するようになります。

クレジットカードを利用したとき、
口座からの引落しで
「モノを買った」という
感覚の人は少ないでしょう。

おそらく大半の人が
店頭でカードを提示して
モノを受け取った時点で
「モノを買った」と
認識しますよね。

「買ったのに支払っていない」

オトナの世界には
このような事実が
存在するのです。

スクリーンショット 2017 04 03 9 59 55


発生主義と現金主義

発生主義

企業会計も税法もこれと同じです。

支払った時点ではなく、
モノを受け取った時点、
サービスを受けた時点で
そのモノやサービスを
費用として認識します。

これを『発生主義』といいます。

スクリーンショット 2017 04 03 10 07 02


現金主義

逆に、お金を支払った時点で
費用を認識する考え方を
『現金主義』といいます。

スクリーンショット 2017 04 03 10 06 49

モノを受け取った時点で
お金を支払えば、
両者の主張は一致しますが、
カード決済のように
受け取る時点と
支払う時点が
ズレた場合には、
両者の間でズレが
生じることになります。

スクリーンショット 2017 04 03 10 03 43

このときには、企業会計でも
税法でも『発生主義』の主張を
支持しています。

「発生の事実」に基づいて
経費計上しなさい、と。。。


切り替えによる節税

この話がなぜ『節税』に
繋がるかというと、、、

カード決済や公共料金の支払いは
翌月に生じることが多いですよね。

スクリーンショット 2017 04 03 10 00 56

こうした流れですすむと生じるのが
「決算日をまたぐ支払い」です。

スクリーンショット 2017 04 03 10 01 19

この支払いはモノやサービスを
すでに受け取っており、
今年の経費に入れるべきものです。

スクリーンショット 2017 04 03 10 02 25

『現金主義』から『発生主義』に
切り替えると、決算終了ギリギリに
発生して、支払いが翌期になるものを
経費として計上することになります。

その分だけ経費が増え利益が減少するため、
納税額を抑えることができます。

スクリーンショット 2017 04 03 10 02 57

『現金主義』から『発生主義』に
切り替えるために必要な手続きは
何もありません。

本来あるべき姿に切り替えるだけですので、
むしろ推奨されるべき切り替えです。


留意点

「事業者限定、一度きり」

この手法で節税効果があるのは
現在『現金主義』で
経理されている事業者のみ、
そして、節税効果は一度きりです。

従来から『発生主義』で
経理されている事業者には
この『節税』は使えません。

この『節税』は、
現時点で『現金主義』が
『発生主義』に経理を
切り替えることで
実現するものなんです。

そして、その『節税』の効果は
『発生主義』を導入した時点の
一度きりです。

切り替えた年には
13ヶ月分の経費が
認められますが、

スクリーンショット 2017 04 03 10 10 36

翌年以降は一年間に発生した、
12ヶ月分だけになります。

スクリーンショット 2017 04 03 10 10 46

ですので、一度きりの
節税効果しかありません。


最後に

この節税は一度きりのものですが、
『切り札』的にとっておかずに
『現金主義』に気づいた時点で
積極的に切り替えましょう。

なぜなら、それが正しい利益の
算出に必須だからです。

『現金主義』では正しい利益は
計算できません。

『発生主義』に切り替えることで
はじめて正しい利益を把握することが
できるのです。




*************************************************************

【編集後記】
昨日は但馬方面にお出かけ。
往復距離300㎞を超える
5時間超のドライブにも
耐えてくれました。

地上40mの高さにある
餘部(あまるべ)鉄橋は
1986年の悲しい事故のあと、
コンクリートの堅牢なものに
替わり、当時の鉄橋の一部が
遺されるのみとなっていますが、
坂道を10分ほど登ると鉄橋の上が
展望台として開放されており、
当時の線路が残っています。

静かな港町の風景もオススメです(^^)

DSC08954

【昨日の一日一新】
あまるべ鉄橋(遺構)

DSC08963

浜坂漁港のほたるいか祭り

DSC08940

余部埼灯台

DSC08964

浜坂駅 ラッセル車

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。