こうした車のことを“草むらのヒーロー”というそうです。

DSC09378




支出ゼロの節税策が使える可能性

会社を強くするための節税策のポイントは、
「節税額以上の支出が発生しないこと」

その中でも会社にとってもっともありがたいのは
「追加支出がゼロの節税」ですよね。

そんなうまい話はそうそうありませんが、
まったくないともいえません。

特に社歴の長い会社には
思わぬネタがあったりします。

今日はそんな話の紹介です。

テーマは「固定資産の廃棄処分」です。


固定資産の廃棄処分

廃棄処分のススメ

固定資産台帳を見ていると、
今はもう使っていない応接用品や
工事機具などが残っている場合が
あります。

事業に利用していないのであれば、
業者に引き取ってもらうなどして
廃棄処分してしまいましょう。

ひょっとしたら廃棄のために
コストがかかるかもしれませんが、
それ以上の節税がうまれることも
ありますし、場所も増えます。

また、使っていないものは汚れていき、
その場を不衛生に、見苦しくします。

さっさと片付けてしまいましょう。


固定資産の有姿除却

そんなことを言っても、
うちにある不要品は
廃棄するのにお金が
けっこうかかるんです。

節税よりもそのコストの方が
大きいから放置するしかない。

そんな方にもまだ可能性はあります。

それが「有姿除却」です。

「ゆうしじょきゃく」と読みます。

読んで字のごとし。

姿をある状態で除却する、のです。

除却とは、使っていた資産を
使わなくなることで、
処分とほぼ同義と考えてください。

本来の処分は、実行することで
モノが会社からなくなります。

が、なくさずに持ったままでも、
処分したとして損を計上できる
方法があります。

ただし、これには要件があります。

法人税の世界では、

スクリーンショット 2017 05 16 9 13 42


このような要件をクリアすれば、
廃棄処分せずに形あるままでも
その帳簿に残った価額を損失として
計上することができます。


最後に

これからの投資に
目を向けることは
もちろん大切ですが、
過去の投資について
最後に節税効果で
一花咲かせることが
できるかもしれません。

なお、「有姿除却」の際には
今後も使う見込みがないことを
根拠づけるものは
残しておくべきでしょう。

取締役会での議事録などは
きちんと整備しておきましょう。




*************************************************************

【編集後記】
何かに没頭することのない
人生はごめんだ、とここ数日、
強く感じています。
アツく生きたいものです。

【昨日の一日一新】
ザムスト EK-5(膝)
とあるボランティア登録

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。