法律以外の部分でいかに自分をコントロールできるか。

DSC01746

スポンサーリンク

法治国家

日本は法治国家です。

国民の上に平等に法があります。
法は人を裁き、人を救うもの。

法によって支配されることで
権利を守られているともいえます。

この法を破ることは
秩序を乱すことであり
社会から相応の処罰を
受けるべきです。

警察だけががんばっても
どうにかなるものでは
ありません。

安心で安全な生活は
こうした不届き者を
社会全体が許さないという
空気が必要です。

殺人や傷害はもとより、
麻薬の販売や使用も
違法行為です。

警察が取り締まりを行いますが、
なくなってはいません。

一人ひとりの価値観において
こうしたことを『悪』として
認識し、自制しなければ
なくならないでしょう。

ですが、全ての国民が
そうした共通認識の元で
自制できるかといえば、
それもまた難しいです。

だからこそ、そうしたものと
接点を持つ可能性を
極力下げる必要があります。

ソウルフルな中学時代において
学んだ教訓の一つです。

近くにいたら火の粉はかかる

法だけを意識すればいいのか

では、法を犯さなければ
それでQOLは高まるでしょうか。

QOLとは、Quality_Of_Life

直訳すれば“生活の質

わたしはこの言葉を
満足できる人生をおくることが
できるかどうかの指標
”という
意味で認識しています。

このQOLを下げないためには
マナーやエゴといった
“法以外の部分”をいかに
後ろめたくなく過ごすかが
大切だと考えています。

・ポイ捨てしない
・順番抜かししない
・あいさつをきちんとする

どれも当たり前のことですが、
こうしたことを疎かにした生活は
わたしにとってはQOLが低いんです。

そんな人生、イヤだよなって。

高速道路の横入り

なんで急にこんなことを
書いているかというと、
大阪に向かっていたときに
ふと感じたんです。

高速道路を走行していたときに
「この先工事中」「左に寄れ」
という案内が2㎞くらい手前から
掲示されていました。

そして、その工事箇所を先頭に
1.5㎞の渋滞という案内も。

当然左側の列の最後尾についたのですが、
こういうときにあえて右側を走行して
いけるところまでいって横入りする車が
いつでもどこでもいます。

そりゃ誰だって渋滞の列を
すっ飛ばして走っていきたいです。

でも、それはやっちゃダメでしょう。

スポンサーリンク

もちろん、急病人を乗せていて
急いでいるのかもしれません。

案内に気づいていなかった
だけかもしれません。

だから、そうした人たちを
十把一絡げにして非難していい
とは思いませんが、
「恥ずかしい大人やなぁ」と
冷めた目で見ています。

そして、
「ああはなりたくないな」と。

それをやってしまったら
ただ生きているだけの日々に
なってしまいます。

「ちゃんと暮らしたい」
「恥ずかしくない行動をしたい」

そう思うからこそ、
マナーやエゴといったことに
きちんと向き合いたいです。

「法律であかんって書いてないやん」
とか言いたくないですし。

最後に

きっと共感される方もいれば
共感されない方もいるでしょう。

人それぞれの価値観ですし、
自分の考えだけが正しいとは
思いません。

ただ、自分にとって譲れない部分を
持つことは大切ですし、
そのために何をすべきかは
常に意識しておきたいです。

自分にとって大切なこの価値観を
維持し続けるためにやるべきことは

「必要なお金を稼ぐ」
「足るを知る」
「時間にゆとりをもつ」

この3つです。

生活に困窮したり、
趣味に没頭する時間が持てなかったら、
やっぱり心のゆとりがなくなって
マナーを疎かにしたりエゴが出たり
すると思うんです。

そうならないためにも、
これらのバランスを
うまく取ることが大切です。

稼げるだけ稼ごうとは思いませんが、
「これで満足」と思えるだけの稼ぎは
実現したいです。

そして、満足の水準は他人との比較ではなく
自分の絶対的感覚を大切にしたいです。

おまけ

こうして書いておくことで
自分に対するあらためての
決意表明という意味があります。

ブログでもSNSでも、
『文字にする』というのは
いいことです。

ついついブレてしまうなと
いう悩みがある人には
とくにオススメです。

*************************************************************

【編集後記】
この暑さがまだ続くようなら
甲子園はナイターとかに
すべきでは、と思っています。
選手生命を断たれる高校生が
出てくる前に大人がきちんと
決断すべきことです。

【昨日の一日一新】
FarmStandでランチ

DSC01743

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。