Pocket

未来のミカタ、コツは逆算にあります。

DSC06898

[br num=”1″]

誰でもできる『あんしん経営』

先日のブログで、
「あんしん経営の第一歩は
未来を視ること」という
話を綴りました。

出たとこ勝負の申告・納税ではなく、
納税後のキャッシュまでを事前に
“予定”してしまおうというもの。

“予測”からさらに一歩
踏み込んでの“予定”です。

この予定額の延長が
あなたの3年後、5年後の
キャッシュ残高です。

これが見えていれば、
安心して経営できますよね。

こんなことは専門家だから
できること?

いえいえ、ちがいます。

たしかに個人事業者がたった一人で
これを行うのは最初は難しいですが、
近くの税理士と協力体制を取れば
こうしたことは十分可能です。

できるかできないか、ではなく、
やるかやらないか、です。

[br num=”1″]
[br num=”1″]

イメージで掴む、未来のお金

大切なのは基本構造の
イメージを持つことです。

法人の場合はこうなります。

スクリーンショット 2017 03 10 8 12 58 スクリーンショット 2017 03 10 8 13 41 スクリーンショット 2017 03 10 8 14 16 スクリーンショット 2017 03 10 8 14 41

個人事業者の方で注意すべきは
自身の生活費です。

自身の毎月の生活費のことを
「給料」といって経費に
カウントされることがありますが、
あれはまちがいです。

個人事業者がその生活費として
使用するお金は経費にはなりません。

したがって、借入返済と同様、
納税後のお金から使っている
ことになります。

生活費を増やしても、税金は減りません。

ですので、個人事業者の方は
このようなイメージになります。

スクリーンショット 2017 03 10 8 12 58 スクリーンショット 2017 03 10 8 13 41 スクリーンショット 2017 03 10 8 14 16 スクリーンショット 2017 03 10 8 25 37

[br num=”1″]
[br num=”1″]

コツは逆算

最終的な残留キャッシュを
“予定”するときのコツは
『逆算』です。

上流にある売上から計画するよりも、
下流の最終キャッシュから逆算する方が
その計画にリアリティーを持たせることが
できます。

ほしいキャッシュを獲得するために
どれくらいの売上が必要か、
粗利率をどれくらい確保すべきか、
顧客数や顧客層、値決めに至るまで、
営業方針すべてに対して臨場感が生まれます。

「今期の売上目標は前年対比110%だ!」という
根拠なき出発点に従業員の心は揺さぶられないし、
経営者自身もそこに臨場感を感じることができません。

それよりも、
「今期は△△円の投資をしたうえで
従業員へのボーナスを1.3倍出したい。
それには売上総利益が×××円必要だ。
そのためには売上を前年対比110%にするか、
売上は現状維持したうえで
粗利率を1%上昇させる必要がある。
さぁ、これが実現できるか販売戦略を練ろう」

こちらの方が計画に臨場感がありますよね。

この臨場感溢れる計画作りに必要なもの、
それは「逆算思考」と
「商品・サービスごとの粗利率」
この2つです。

[br num=”1″]
[br num=”1″]

*************************************************************

【編集後記】
確定申告業務をしつつ、
自身の過去の振り返り、
そして未来への布石。
やること満載で
とても楽しいです。
今夜は講師仲間で
メキシコ料理へ。
残念ながら、
確定申告の打ち上げ、
とはならず。。。
まだ、少しだけ
残っています(^^;)

【昨日の一日一新】
風呂あがりのストレッチ

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。