Pocket

年度末のある一日。標高702mでの弥生会計体験。

DSC05640

スポンサーリンク

気分を換えるために決行

年度末の3月31日。

いつもと変わらず事務所で仕事をしていたものの、
近隣ビルの解体や、当ビルのガス管点検で騒々しい。

この日の曇天は、前から一度行こうと
思っていたワークスペースにいくには
不向きだったものの「えいやっ」と決行。

さて、その目的地は摩耶山という山の山頂。

そこにたどり着くためには、
ケーブルカーを利用するか、
歩いて登るか、の2択です。

当然、ケーブルカーを利用することに。

この『摩耶ケーブル』は発着場所が
やや不便な場所にあります。

三宮からの交通機関での
行き方は大きく3つ。

・神戸市バス18系統

神戸市バスの18系統が
このケーブル駅で停車します。
しかし、本数が少ないのが難点。

・神戸市バス2系統

替わって2系統だと5分に
1本は走っていますが、
ケーブル駅から少し下を
通過するため、8分ほど
歩いて登る必要があります。

・坂バス

神戸市内を運行している
コミュニティバスである
『みなと観光バス』さんの
“坂バス”なら、JR灘駅から
出発していて、本数もまだ
多少多いです。

monte702を目指して

今回は、唯一乗ったことのない
“坂バス”を利用することに。

DSC05599

昔暮らしていたときによく行った
水道筋商店街界隈を通過して、
あっという間にケーブル駅に
到着です。

DSC05600

今回乗ったケーブルはこれ。

DSC05604

進む先には、桜もちらほら。

DSC05603

子連れの方に先頭は譲って、
私は最後尾へ。
座席が後ろ向きに設置されているので
外を見るのには全く問題ありません。

DSC05606

写真で上手く伝えられないのですが、
最大傾斜は29度近くあり、それは
スキーのジャンプ台と同等だそうです。

DSC05611

高所が苦手な私は、最後尾の座席は
今後遠慮したいと思いました。

帰りに撮った写真があります。

これだと、傾斜のきつさが伝わるかと・・・。

DSC05650

ケーブルカーが5分ほどで到着するのが、
『虹の駅』です。

DSC05616

展望台があります。

DSC05617

が、ここが山頂ではありません。

ここからさらに、ロープウェーで
頂上を目指します。

DSC05618

こじんまりしたロープウェー。

DSC05620

途中、もう一台とすれ違います。

DSC05623

なんかテンションが上がりますよね。

そして、今度こそ山頂に到着です。

monte702に到着

DSC05624

山頂にあるのが、摩耶ビューテラス702。

摩耶ビューテラス702 | 公式ホームページ

DSC05626

ここでいろんなサービスを受けることができます。

ノマドワーキングや凧揚げ、

DSC05631

ハンモックやウリボーライド
なんてのもあります。

DSC05632

実はこの山頂は、昔は山上遊園地があって
スケートができたくらいの広さなんです。

DSC05641

スポンサーリンク

DSC05642

天気のいい日は、ハンモック借りて
ここでゆらゆらしながら本を読むなんて
いうのも贅沢ですね。

ちなみに、この広場は今は『掬星台』と
ネーミングされています。

手を伸ばせば星を掬えそうなほど、、、
というところから名付けられています。

ここから眺める夜景は、
日本三大夜景に選ばれています。

DSC05601

ちなみに夜はこんな感じです。
(別の日に撮影)

DSC03562

そして、ここのcafeイチオシのメニューが
このチキンカレー。

DSC05627

メニュー表は、やっぱり左上が
一番目につきますね。

食べないわけにはいかないということで
さっそくオーダーです。

DSC05629

もっと適当なものかと思っていましたが、
思ったよりも本気なタイプで、
美味しくいただけました。

そして、500円のノマドワーキングの申し込みを
しようと思い、話を聞くと、このセットに
よって得られるものは、電源タップと
cafeで使える300円分のチケット、
あとWi-Fiということでした。

しかし、Wi-Fiについては、もともと
この一帯を飛んでいるフリーWi-Fiと
同じものを利用するということなので、
このセットを申し込む実質的な利点は、
堂々と3時間cafeに居座って仕事をし、
300円のドリンクをいただける、と
いう点に限られますね。
ちなみに、フリードリンク300円です。

フリードリンクがあるなら、多少長居しても
問題ないでしょうが、せっかくここまで来ましたし、
500円払って、ノマドワーキングを購入。

電源タップをお借りして、
弥生会計の作業スタートです。

DSC05639

鳥のさえずりが聞こえてきて、
とても快適な環境です。

スクリーンショット 2016 04 04 10 25 40

カフェの奥には、さまざまなジャンルの本も
置いてあり、大人でも退屈はしないでしょう。

DSC05637

お店の人に聞いたところ、
平日はあまり観光客も多くないそうで、
仕事に集中できそうです(笑)

ただフリーマーケットの開催日や
その他イベントによっては、
かなり混雑するようです。

そのあたりは、こちらのサイトで
事前にチェックしておくことを
オススメします。

モンテ702

このサイトの右側にあるバナーから
Facebookページを見ることができます。

そこに、最新情報がアップされています。

もちろん車でもアクセスできるので、
高所恐怖症の方は車で行きましょう。

こんな斜面をキュルキュルと
登っていきますので・・・。

DSC05652

おまけ

摩耶ケーブル駅近くにある桜のトンネル。

地元民に愛される隠れた名所です。

DSC05660

最後に

フリーになってよかったことの一つに、
“場所や時間の制約を受けない”という
ことがあります。

移動時間を考えると、正直効率は悪い
一日でしたが、気分転換ということも
大切だということでアリと判定しました。

なんとなく気分がのらないとき、
煮詰まっていると感じるときには、
場所を換えてしまいましょう。

仕事でストレスを抱えないように
するために、自分でできる対策の
一つとしてオススメです!

==============================

【編集後記】
錦織選手のマイアミでの激闘を
応援するために2時起床でした。
あいかわらず、ジョコビッチの
ディフェンス能力は脅威です。
ただ攻撃するだけでは、1セットは
取れても、試合には勝てないでしょう。
攻略のヒントは、全豪オープンで
彼を苦しめたシモンの激遅ラリーに
あるのでは、と考えています。

【昨日の一日一新】
自治会の隣保長引継ぎ
ハナダパン

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。