設備投資の際に支払う高額の消費税は取り返すべきか否か。

T20F2701

スポンサーリンク

設備投資にかかる多額の消費税

800万円の工事を行ったとします。

すると、8%の税率で消費税が加算され、
支払総額は864万円。
64万円の消費税を支払います。

スクリーンショット 2018 06 20 8 59 47

この64万円があなたの税金の
納付額からマイナスされれば
うれしいですよね。

それができる可能性があります。

キーワードは

「課税事業者」「原則(本則)課税」

です。

消費税の基礎知識

事業者の立ち位置

国内の事業者は次の3つに分類されます。

スクリーンショット 2018 06 20 9 02 01

①課税事業者&原則課税

②課税事業者&簡易課税

③免税事業者

「課税事業者」というのは
お客さんから預かった消費税を
国に納める義務がある事業者のこと。

「免税事業者」というのは
お客さんから預かった消費税が
(国に納められることなく)
自身の売上になる事業者のこと。

「原則課税」「簡易課税」というのは
納めるべき消費税の計算方法のちがいです。

特徴をざっくりと並べるとこんな感じ。

スクリーンショット 2018 06 20 9 03 05

①〜③のうち、支払った消費税が
計算要素になるのは①だけです。

さきほどの64万円を
取り戻せるのは①だけなんです。

ですので、64万円を取り戻すなら
①にならないといけません。

意図的になれるかというとなれます。

②から①への変更

現状が②であれば、
前年までに“簡易課税選択不適用届出書”を
所轄税務署に提出すれば①になれます。

ただし、このときには本当にそれが
得策かを考える必要があります。

「簡易課税」という計算手法は
2年前の売上が5,000万円以下の
事業者にだけ認められる計算制度で、
上の図でも示したように
預かった消費税に決められた割合を
乗じるだけで納付税額が計算できます。

そのうえ、ほとんどの事業者が
これを適用することで
税額が低く抑えられます。

②から①に変更するということは
「簡易課税」の優位性を捨てて
「原則課税」に切り替えるということ。

64万円を取り戻すための決断で
実際の税負担額が増えてしまわないように
(税理士への申告依頼コストなども含めて)
事前にシミュレーションすることが必要です。

②で2年以上事業活動してきた事業者が
効率よく64万円の恩恵を狙うなら、
設備投資の直前で課税期間を3ヶ月に短縮して
設備投資の引渡しがある期間だけ①になり、
すぐに②に戻ってしまうことですね。

こうすれば、3ヶ月間だけ①の立ち位置で
64万円の恩恵を受けて、すぐに②に戻って
従来の恩恵を受けることができます。

この場合、3ヶ月に一度確定申告をするという
別の負担が発生しますので注意が必要です。

③から①への変更

現状が③であれば、
前年までに“課税事業者選択届出書”を
所轄税務署に提出すれば①になれます。

スポンサーリンク

この場合にも、この選択が
はたして有効かどうかを
検討する必要があります。

③というのは、お客さんから預かった消費税を
そのままポケットに入れることができるかわりに
仕入先や業者に支払う際に負担した消費税が
納税額の負担軽減に働かないという立ち位置です。

①というのは、お客さんから預かった消費税から
仕入先や業者に支払った消費税を差し引いた残額を
国に納めるという立ち位置です。

つまり、設備投資の際に負担した64万円は
③なら泣き寝入り、①なら税負担の軽減と
なるわけです。

しかし、そもそも論として、
③であれば預かった消費税を納めなくていいという
めちゃくちゃ好都合な恩恵を受けています。
この恩恵を捨ててまで64万円に固執するかどうかは
こちらも事前にシミュレーションすべき事案です。

ちなみに、「免税事業者」が自ら
「課税事業者」になることを選択すると
2年間は「課税事業者」であり続ける
必要が出てきます。

そして、今回の設備投資が税抜100万円以上の
“調整対象固定資産”に該当すれば、
取得から3年間は「課税事業者&原則課税」で
あり続けなければいけません。

ですので、シミュレーションする際には
2年間「課税事業者」になってまでも、
もしくは3年間「課税事業者&原則課税」に
なってまでも64万円の恩恵を取るべきか
どうかがポイントになります。

最後に

設備投資が1,000万円以上の場合には
注意が必要です。

一点で1,000万円以上のものを取得した場合には
それは高額特定資産に該当し、
①にしてそれを取得すると最低3年間は②や③に
戻れないという縛りがあります。

このあたりも慎重な判断が求められます。

こうした事案が出てきそうなときには
事前に税理士に相談してください。

とくに取得後では手が打てないことも
税金の世界ではあります。

事前の相談が思わぬ利益を生み、
事後の相談が利益の喪失となることを
強くお伝えしたいです。

*************************************************************

【編集後記】
昨夜はW杯日本初戦でした。
前半はいつもの日本かなと思いましたが
後半は数的優位をちゃんと生かして
落ち着いてボールを回していたので
ちょっと感激でした。
ここまで堂々とコントロールできる
国になったんだと。

大迫選手の活躍はもちろん、
セーフティーに相手のイヤなところに
ボールを散らし続ける柴崎岳選手は
素晴らしかったですね。

個人的には期待している香川選手が
まずまずの入り方をしてくれたので
良かったです。
前半3分のあのダイレクトシュートが
枠に飛んでいなければPKも相手の退場もなく、
相手のサイドアタッカーが前半途中に
交代で引っ込むこともなかったわけで。
あのシュートはまちがいなく試合全体に
大きな影響を与えてくれました。
あとは流れの中でスルスルと抜けていく姿を
この舞台で見られることを期待しています。

反対に、精彩を欠いた本田さんが少し心配です。
どことなく自信なさげでロストもミスも多く、
あの頼れる4番はどこにいってしまったのか。
彼の爆発力が必要な場面も出てきます。
はやくトップフォームに戻ってもらわないと。

【昨日の一日一新】
自転車でくすりのラブへ買い出し

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。