冷蔵庫の中にも在庫は潜んでいます。

DSC05424

利益の計算要素は基本的に相手との照合がある

個人事業であっても、会社であっても、
利益の計算方法は変わりません。

本業での売上高(と預金利息などの本業以外の収入)から、
『売上原価』と『経費』をマイナスして、利益を計算します。

スクリーンショット 2016 02 22 22 46 25

収入については、相手からの入金に裏付けされます。

一方、控除される“マイナス項目”ですが、
『売上原価』と『経費』で異なる点があります。

『経費』は、支払先からの証拠資料を積み上げて
集計されますが、『売上原価』は必ずしも
そうなるわけではなりません。

『売上原価』の構成要素は、
「期首商品棚卸高」
「当期商品仕入高」
「期末商品棚卸高」
です。

このように計算されます。

スクリーンショット 2016 02 22 22 46 32

このうち、「当期商品仕入高」は、支払先からの
証拠資料に基づき、計上していきます。

しかし、「期首商品棚卸高」と「期末商品棚卸高」
(以下、「棚卸高」いいます)は、自社で
カウントすることで把握するデータです。

もちろん、その数字に根拠は必要ですが、
数え方によって大きく変動してしまいます。

相手先に支払うことで成立する他の経費では、
数字が変動するということはありません。

つまり、「棚卸高」は他社の目が入らない数字であり、
自分で調べる以外に出てこない数字なんです。

スクリーンショット 2016 02 22 22 49 44

この「棚卸高」というのは、“在庫量”のことで
実在する在庫をカウントして把握します。

年に一度の在庫カウントで大丈夫?

卸・小売業や製造業、飲食業など、一定の在庫を抱える商売では
決算時にこの“在庫量”を把握して、最終利益を確定しますが、
毎年一回しか在庫カウント作業をしなければ、
必ずしも正確とは限りませんよね。

年に一回の作業で、ミスをするなという方が酷かもしれません。

この在庫カウント作業にミスが出ると、
どういった影響が出てくるでしょうか。

それは、最終利益にまで影響が及び、
結果的に税金の計算に影響します。

スクリーンショット 2016 02 22 22 53 22

たとえば、ここに年に一回の棚卸の結果の
売上原価の推移があります。

この中で、在庫カウント作業にミスがあるかどうか、
わかるかといえば、わかりづらいですよね。

スクリーンショット 2016 02 22 22 47 20

第3期の在庫が少なくカウントされていますので、
ここは少しおかしいのではないか、と感じます。
あと、第6期は少し多いような気がしますね。
第3期の期末において、仕入れを少し減らすなどの
在庫調整をされたかどうか、第6期の期末に
仕入先からの仕入要請を受けたか、などの
確認しなければいけません。

たとえば、第3期の在庫が本当は1,500であって
在庫が1,000少なくカウントされたとすると、
1,000だけ利益が少なくなり、このミスが
税務調査で明らかになると、修正申告による
追加税額が発生します。

また、第6期の在庫が本当は2,000であって、
在庫が1,000多くカウントされたとすると、
1,000だけ利益が多くなり、結果的に余分な
税金を第6期に納めていたことになります。
(その分は第7期の税金の減少に繋がりますが、
一時的にキャッシュがムダに流出してしまいます)

つまり、在庫カウント作業の精度が低いと、
追徴税金を後で納めたり、
一時的に多めに納めてしまったりと
いうことが生じるのです。

こういったムダはなくしたいですよね。

在庫カウントは月ごとにおこなうべき

しかし、これを月ベースで在庫カウント作業をして、
こんな感じで出てきたとします。

スクリーンショット 2016 02 22 22 47 25

こうして毎月在庫カウント作業をすると、
「棚卸高」に対する「仕入高」の割合が低くなるので、
“在庫量”の異常に、より気づきやすくなります。

月末棚卸高を比べると、5月の500と6月の3,000は
異常値っぽいですね。

これに、それぞれの仕入金額と月初棚卸高を加味して、
売上原価まで計算してみると、より見つけやすくなります。

売上のボリュームにもよりますが、
売上原価が6月は500,9月は200と、
明らかにおかしい感じがします。

逆に5月の売上原価は2,500で、
これは正常かもしれません。

売上のボリュームと仕入れのボリュームを加味して、
初めて在庫の適正性を探ることができます。

そして、年ベースでの数字よりも、月ベースの数字を見る方が、
在庫チェックの精度を測るのに適していますね。

スクリーンショット 2016 02 22 23 43 42

そして、在庫カウント作業自体の精度も
月ベースで行った方が間違いなく向上します。

担当者のカウントスキルの向上、
ミスの蓄積による防止策の改善が
期待できるからです。

月次決算を進めていく上でも、毎月の在庫カウントで
「棚卸高」を毎月把握していくことが不可欠です。

「今月の仕入れ」だけでは、
本当の売上原価が把握できないからです。

在庫カウントをすることによって
「棚卸高」を正確に把握することができ、
これによってはじめて利益が掴めます。

この在庫のカウントが適当だと、
本当の利益は把握できません。

まとめ

在庫を毎月カウントすることによる
メリットは主にこの3つです。

スクリーンショット 2016 02 23 1 51 58

在庫カウントが決算の恒例行事になっている会社も
多いと思いますが、毎月末の恒例行事に格上げ?して
会社にとってより有益な作業にしましょう。

==============================

【編集後記】
締め切り効果を狙って23時クローズのスタバで
22時過ぎからブログを書き始めたものの
23時に間に合わず、近くのカフェバーに
移動して書いています。
最初からこっちに来ればよかった・・・。
締め切り効果の過信は禁物と学びました。

【昨日の一日一新】
パルナソスホール
せいかつ発表会

==============================

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。