Pocket

車移動の多い家庭には全力でオススメするチャイルドシートはこちらです!

スクリーンショット 2017 03 17 22 13 50

スポンサーリンク


[br num=”1″]

[br num=”1″]

MAXI-COSI『ペブル』

車での移動が多い家庭が
赤ちゃんを授かると
早めに決めておきたいのが
チャイルドシート。

産まれて退院するときに
車で迎えに行くとなると
そのときには必須ですからね。

わたし自身、2児の父です。

で、一人目の育児を経て、
どうしても二人目のときに
導入したくて購入した
チャイルドシートがあります。

それが、MAXI-COSI社製の
『ペブルpebble』シリーズ。

実際に購入したのはコチラ。

こちらの特徴はなんといっても
「トラベルシステム」仕様なこと。

今でこそトラベルシステムを
採用する会社は多くありますが、
こちらのMAXI-COSI社は
その先駆けということです。

マキシコシとは? | チャイルドシートのMaxi-Cosi(マキシコシ)

なぜ「トラベルシステム」か?

きっかけは、
使用シーンを見たからです。
テレビで。

数年前、英国のウィリアム王子が
キャサリン妃の出産退院時に
手でカゴをぶら下げて颯爽と登場し、
自らチャイルドシートをセットして
運転席に乗り込む姿を見て、
「あのタイプ、いいなぁ・・・」と。

しかしそれは、そのシーンへの
憧れから発生した想いではなく、
一人目の経験を通じて感じていた
不都合が解消されると
確信したからです。

ちなみに、王室の方が
使われていたのは、
MAXI-COSI社のものではなく
「ブリタックスレーマー」という
英国の会社のものだそうです。
(私は視認できませんでした・・・)

[br num=”1″]

ペブルの使い方

チャイルドシート

わたしが購入したペブルですが、
これ単体ではチャイルドシートには
なりません。

チャイルドシートとして使用するには
車両に固定するベースメントを別途
購入する必要があります。

ペブルに合うのがこちら。

こちらのベースメントは、
ISO-FIX方式に対応する車種に
セットするものです。

後部座席の背もたれの下部に
ファスナーがありまして、
そこを開けると差し込み口が
あります。

DSC08840

ベースメントには
差し込むためのフックが
収納されています。

DSC08841

このフックを差し込み口に
差し込んで固定します。

DSC08838

きちんと差し込んで固定できると、
ベースメント前方のチェックランプが
緑色に光って教えてくれます。

DSC08842

これでベースメントの設置は完了。

あとはここにペブルを載せるだけです。

載せてカチッといったら
ベースメントとペブルの
固定が完了です。

DSC08832

あとはハンドルを倒せば、、、

DSC08831

チャイルドシート完成です。

降車時には、
前方のグリップを起こして
ロックを解除し、

DSC08833

ペブルを持ち上げるだけです。

DSC08834

これで家の中にも楽々移動です。

DSC08836

スポンサーリンク

ベビーカー

ベビーカーとして使用するにも、
ペブル本体だけでは不可能です。

これを支える足が必要です。

わたしは、長男のベビーカーとして
使用していたQuinny社の
zappシリーズが適合するので、
そのzappの足を利用しています。

この他にも、エアバギーにも
ドッキングできます。

以下、zappにて。

足はコンパクトに収納できます。

DSC08844

これを開いて、、、セットするだけです。

DSC08845

zappは荷物入れが小さめですが、
タイヤもそこそこ大きく、
快適に押せますよ。

DSC08846

このzapp、本来は
専用のシートがあって
乳幼児は後ろ向きに、

P1000594

大きくなってきたら
前向きに使用するもの。

DSC00283 2

あっ、妻の顔をレタッチしたら、
心霊写真みたくなってしまった、、、
まぁ、いいか。

さて、先ほどの写真に写っている
奥の青い車は妻のものです。

スバルのサンバーという車をベースに
ロシアのUAZ(ワズ)という車を
モデルにカスタマイズしたもの。

ISO-FIX方式に対応していません。

えっ?じゃあこっちの車だと
使えないの??
それじゃ不便じゃん!!

ってことになりますが、
そこは大丈夫。

MAXI-COSIのカタログでも
未対応車種への取り付け方法が
案内されています。

スクリーンショット 2017 03 17 8 46 11

我が家は車2台持ちで、
赤ん坊はその両方に
乗る可能性があります。

ペブルを選んだので
チャイルドシートを
載せ替える必要もなく、
わたしの車にはベースメントで、
妻の車にはシートベルト利用で
設置できています。

結果的に、チャイルドシートを
2つ購入するよりも安上がりで、
1つを2台共用にしてその都度
載せ替えるといった手間も
省けています。

妻の車がISO-FIX方式に
対応していたら、
ベースメントを
2つ購入してましたね。

本当に楽チンです。

[br num=”1″]

実際のお出かけにて

さて、準備完了。

DSC08848

家から車に乗り込みます。

DSC08850 DSC08852

一瞬でセット完了。

DSC08853

日よけも標準装備です。

一日遊んで、、、

DSC08859 DSC08867 DSC08871 DSC08873 DSC08876

帰りは爆睡。

DSC08878

寝た子を起こさずに室内へ。

DSC08880

やっぱり便利です(^^)

[br num=”1″]

*************************************************************

【編集後記】
今日は朝5時から
10時まで仕事。
そのあとは家族で
遊びに行きました。
たまにはこういうのも
アリですね。

【昨日の一日一新】
生前贈与シミュレーションレポート
湖池屋ポテチ(のりしお)

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。