Pocket

春だしなんか始めてみよう。ブログもオススメですよ、という話。

先行者=上位者ではない

先に始めたからといって、
先に高みに到達するかといえば、
必ずしもそうではありません。

先にスタートしたからといって
徒競走で一番になれるとは
かぎりません。

走力のある相手にかかれば
あっという間に抜き去られます。

たとえばブログでもそうですよね。

ブログの代表的な指数として
PV数が挙げられます。

このブログは
月間3〜4万PVくらいで
ウロウロしています。

わたしより後に始められて
より多くのPV数があるブログは
世の中に5万とあるでしょう。

PV数を高さとして捉えれば
先に始めたからといって
高いところに到達するとは
かぎりません。

取り組む姿勢や熱意、
能力、個性、センスなどが
巡航速度を決定づけます。

始動時期は巡航速度とは
無関係です。

であれば、PV数において
先に始めることの優位性は
ないことになります。

[br num=”1″]

過去の自分よりは前にいる

動かないと先に進まない

ブログを始めて数年で
この現状ということは
PV数という側面での
先行者たちと比べると
わたしには何かが
足りないのでしょう。

ただし、確実に言えることは
あのときに始めてなかったら
今のこの数字はないということ。

これは断言できます。

今より前に進むためには
まだ出していない一歩目を
ゆっくりと出せばよくて、
その一歩の大切さは
大人になる過程で
いろんなことを経験して
学んできたところです。

気になった女の子がいれば
デートに誘えばいいんだけど
それによって逆に
距離が生じてしまうことを
おそれてなんとなく
今のままを続ける、
そんな甘酸っぱい青春時代も
ありますよね?

けど、その結果からの発展は
他力本願なんですよね。

時間を大切に考えるなら
絶対にデートに誘うべきだと
学生時代に学びました。

それ以来、気になる子がいれば
すぐにデートに誘い、、、以下自粛

[br num=”1″]

発信する効果

まぁ、こんな話ではないんです。

ブログというメディアは、
何らかの指数で上位に
入らなければ次に進めない、
そんな税理士試験のような
ものではありません。

PV数というアクセス指標も大切ですが、
ブログを書くことで得られるものは
アクセスだけではありません。

もちろんブログを営業ツールとして
見込顧客との接点とするためには
PV数が多い方が有効です。

しかし、それ以外にも
思考の整理であったり、
チャレンジのきっかけだったり、
発信スキルの向上であったり、
こうした面において
確実に成長に寄与します。

(ブログに書くことによって)
判断が求められる場面で
決して楽ではないけれども
理想としている方向に
無意識的に舵をきるという
現象も何度か経験しました。

写真についても、
ブログへの掲載をすることで
視線を意識するようになります。
自分が惹かれる写真に出会えば、
撮る側の目線で観るようになります。

FacebookやInstagramへの投稿を
続けることでもそうした効果は
きっとあるでしょう。

この場合のポイントは
撮ることではなく
発信して人の目に
触れさせることです。

わたしも、ブログやFacebook、
Instagramで写真を投稿することに
最初は抵抗がありましたが、
投稿しているからこそ
撮影するときに構図なんかを
気にするようになりました。

昔は撮りたいものを
ど真ん中に置いて
シャッターを押す、
そんな写真ばっかりでしたから。

発信することで気づきがあり
こだわりが芽生え、
その気づきやこだわりが
巡航速度上昇の一端を
担ってくれました。

[br num=”1″]

少し暗いわたし

そして、どうせ発信するなら
前向きに楽しくやりたいですよね。

猛者ばかり意識してたら
悲しくなります。

Instagramの投稿とか見てたら
「みんなすげぇ」ってなります。

でもそこは割り切って、
過去の自分と比べて
成長を実感しつつ
マイペースにやったら
いいんじゃないの、と。

だから、Instagramでも
ブログでも、昔の投稿を
たまに見たりします。

なんか暗いっすかね、自分。

[br num=”1″]

まずやってみよう

この春からいろんなチャレンジを
される方がいらっしゃるでしょう。

素晴らしいことです!

そして、チャレンジしようかどうか
迷っている方もいるでしょう。

金銭的な負担がクリアできるなら
思いきって始めてみましょう!

時間的な負担は、やる気次第で
どうにでもなります!

今始めなくても、いずれまた
やりたくなります。

そして、いざやり始めたときに
「あのときに始めていたら・・・」と
なる可能性が高いです。

先に始めた自分の方が、
始めなかった自分よりも
確実に前に進んでいます。

ダイエットでもドローンでも
ランニングでも登山でも、
気になることがあれば
まず最初に何かアクションを
起こしましょう。

それによってより魅力がわかったり、
逆に魅力を感じなくなったり、
いろんな反応が起きます。

それこそが一歩進んだことでは
ないでしょうか。

囲碁をやってみたいと思いつつ、
手を出していませんでした。

あるとき、アスリート系ブロガーの
中で盛り上がっている空気に触れ、
ひっそりと始めてみました。

2ヶ月くらいやってみましたが、
なんとなく興味が薄れ、
今はまったくやっていません。

これだって、あのときに始めなければ
今もなお「囲碁って面白そうだな」と
憧れを抱いたままだったかもしれません。

囲碁に漠然と憧れる自分と、
囲碁をやってみて興味を
持てなかった自分、
どちらが前に進んだかは
明らかです。

今はとりあえず、
ドローンに挑戦中です。

[br num=”1″]
[br num=”1″]
*************************************************************

【編集後記】
ブログコンサルに向かう道中、
秋葉原に立ち寄りRX100を購入し、
目黒のスタバで充電してた自分が
少し懐かしくなりました。
あのときの不安と緊張、
今も覚えています。

【昨日の一日一新】
らふてぃ

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。