Pocket

カレー探訪、第121弾です。

スポンサーリンク


[br num=”1″]

[br num=”1″]

看板も窓もない隠れ家

今回訪れたのは、池田市にある
『喫茶ラクタ』さんです。

最寄り駅は阪急石橋駅。
そこから徒歩5分くらいです。

もともとはラクダカレーという
カレー店を経営されていた方が
喫茶に転向されています。

極旨なカレーがいただけるという
情報を手に入れたので、
大阪でのテニスの前に
訪れました。

グーグルマップの指示に従って
店のあたりまでやってきたものの
なかなか発見できません。

とりあえず近くのコインパーキングに
車を停めて、歩きながら探します。

すると、車の中からは
感じることができなかった
スパイスの香りがヒントとなり、
お店の入り口を発見。

DSC09254

これは車で通りかかっても
わからんですね。

たしかにドアには
カレーメニューが
掲げられています。

DSC09252

一歩中に入ると、やや薄暗い店内に
スパイスの香りが充満しています。

11時過ぎに訪れたのですが
すでに1階席は満員、
2階にかろうじて
席があるということで
2階に案内されました。

また、入店時に「提供までに
15分くらいかかるかも」と
一声いただきました。

こうした心遣いが
ありがたいですね。

2階にあるこの本棚の感じとか、
カフェではなくまさに喫茶。

DSC09238

メニューはこんな感じ。

DSC09235

他のメニューは見当たらず。
食事系はカレーオンリーっぽいです。

辛口ドライキーマと、
辛さ控えめのキーマカレー。

ごはんの量は200g、
250g、300gは同じ値段で、
400gにすると100円アップ。
ちなみに400gにすると
ルーも増えるそうです。

スポンサーリンク

周囲を見回すと
辛口ドライキーマを
注文している人が
多かったので、
ここは多勢に従い
それを注文。

この後のテニスを考え、
400gではなく
300gをオーダー。

窓の外を眺めながら
しばし待ちます。

[br num=”1″]

強烈に辛く猛烈に旨いドライキーマ

オーダーしてから10分くらいで
念願のドライキーマと対面。

DSC09246

斜めから。

DSC09240

キーマズーム。

DSC09241

アーモンドスライス。

DSC09251

喫茶ということもあり、
甘く見ていました。

反省です。

(辛好きではない私には)
めちゃくちゃ辛いです。

次から次に、汗が噴き出します。

ここまで本気で辛いとは
思ってませんでした。

ただ、辛いのですが、
それを上回る旨さが
クセになります。

いやぁ、これホント旨いっす。

DSC09237

ときおり水で休息しつつ、
あっという間に300gを堪能。

至高の一皿でした。

あ〜、池田市民がうらやましい・・・。

[br num=”1″]
[br num=”1″]

*************************************************************

【編集後記】
先日の気づきから
今日のレッスンでは
軸を保つことに留意。
崩れなかったときは
抑えの効いた
イメージどおりの
ボールが打てました。
テニスがますます
楽しくなってきました。

【昨日の一日一新】
立呑み 奥田
裏天満 こばち屋

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。