Pocket

いつでもペースは乱さずに取りかかりたいです。

DSC00861

スポンサーリンク

今が正念場

税理士業界にとって各種の申告提出の
期限がやってくる1月末、
12月決算の会社の申告期限である2月末、
個人所得税の確定申告期限である3月15日、
3月決算の会社の申告期限である5月末、
このあたりが繁忙期といわれます。

税理士試験チャレンジャーにとって
中盤から終盤に差しかかるこの時期に
会計事務所に勤めながらの受験生は
もっとも辛い期間を迎えます。

朝から集中を高めて取りかかっても
終わらないほどの仕事量を抱え、
受講するはずだった講義を
パスすることになる受講生を
毎年見ています。

本当に心が痛みます。

ここさえ乗り越えれば、
可能性がグッと高まるんです。

理想と現実ということもあるでしょうが、
なんとかここを乗り越えてください。

そうしたら、
いいことが起きるかも
しれません。

第67回の財務諸表論

いいこと、それは想定外の合格率です。

まさに第67回の財務諸表論がそうでした。

29.6%というのは未曾有の高確率でした。

この恩恵を享受するために必要なことの一つに
「試験を受ける」というのがあります。

「簿財を勉強していてとてもしんどかったけど
あきらめずに財表を切らずに両方勉強して、
そうしたら今回奇跡が起きました!」
なんていう喜びの声があがりました。

頑張れば夢が叶う、とは言いませんが、
頑張らなければそのチャンスを掴めません。

だから、受験を一番に考えて、
日々の生活をおくってほしいです。

最優先すべきこと

受験生が最優先すべきこと、
それは残業ではなく勉強です。

朝からだらけることなく取り組んで
それでいても終わらないのであれば
それは負担過多です。

負担過多になるということは
ボス(経営陣)がキャパ以上に
仕事を受けていることが原因です。

人員補充や仕事削減を
決断すべき事案です。

「人員補充を考えているけど
なかなか人が来なくて、、、
だからがんばってくれ」と
言われたりもしますが、
それはボス(経営陣)のミスです。

もちろん、
「ここはいっちょやったります!」
というのであればかまいません。

けれど、受験生にとって勉強は
そんなに軽いものではないはずです。

大げさでなく人生がかかっています。

ボスミスの尻拭いをしている
場合ではありません。

スポンサーリンク

今ではwebフォローという
便利な制度もあります。

後で好きなときに見られるという
便利がゆえに、一度利用すると
ズルズルと遅れがちです。

webフォローが悪いのではありません。

それによって遅れるのが
結果的に致命傷になります。

税理士試験の勉強は8月初旬という
期限が設定されています。

8月下旬に大成しても
それはもう遅いのです。

絶対に8月初旬に間に合わせないと
いけません。

ですので、受講のペースを落とさず、
8月までの勉強の全体としての
ペース配分を守ってください。

最後に

十把一絡げに
「税理士事務所ってのは
労働環境が劣悪だ」みたいに
いうつもりはありません。

事実、わたしが勤務していた事務所は
受験生は授業をちゃんと受けてましたし、
友人の事務所でもそのあたりはきちんと
配慮していると聞きます。

ですので、全ての会計事務所が
劣悪というわけではありません。

ただ、受講生からの話を聞いたり、
受講時代の友人の姿を見ていて、
劣悪な環境の事務所もあることも
事実として認知しています。

事務所内で残業が当たり前という
空気が流れていると、まるで
定時で帰ることがダメみたいに
なりかねません。

そんな事務所にいる受験生は
冷静な判断ができなくなりがちです。

「うち、定時で帰れないんすよ」みたく。

結果、税理士試験というのは
自己犠牲の中で一筋の光を見いだし、
そこにすべてを賭けるみたいに
思ってしまいがちです。

そうなってしまってないですか?
ということで今回の記事を
書いています。

繁忙期といわれる時期でも
定時で帰って勉強できている方は
すばらしいボス(経営陣)に
縁があったことを感謝し、
その環境に感謝しましょう。

神戸や姫路なら、
働きながら勉強できる
事務所を知っています。

知りたい人は問合せからかメールで
メッセージくださいね。

*************************************************************

【編集後記】
今日は緊急対応のため
朝から車で三宮に。
おかげでひさしぶりに
カラピンチャに行けました。
やっぱりここのプレートは
絶品です。

【昨日の一日一新】
いつもとちがうポストに投函

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所 |姫路|

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。