チェックポイントをおさえて大崩れしないようにしたいです。

スポンサーリンク

自分で経理

慣れないことに取りかかるのは
誰だって不安です。

「まちがえてたらどうしよう?」

悪意ある行為さえしていなければ
税務署的には大丈夫です。

多少追加で税金を納めてくださいね、と
言われるかもしれませんが、
それは遅かれ早かれ納めるべきだったもの。

どえらいペナルティーを
くらうわけではありません。

まずは大きな流れを掴むこと。

そして、チェックすべきポイントを
おさえておくこと。

この二つをしておけばきっと大丈夫。

ということで、今回は
代表的なチェックポイントを
紹介していきます。

チェックすべきポイント

現金

① 実在する現金と金額が一致しているか
② マイナスになっている日がないか

最終的な残高が合っていても、
間でマイナスになっている日があれば
それは経理ミスが起きています。
ひどいようなら「青色申告取り消し」
なんてこともありますので、
そうならないような仕組みを
作りましょう。

それが起きないようにするためには

「毎日前日の現金取引を入力して
朝の時点での残高を合わせる」
もしくは
「現金取引をいっさいやらない」

このいずれかが有効です。

ただし、後者の「いっさいやらない」は
環境的に難しいかもしれません。

そんなときは「極力さける」でもオッケー。

できるだけ現金での入出金を減らすことで
ストレスが減ります。

「こまめにデータ入力する」
アンド
「現金取引を極力減らす」

このハイブリッド系がオススメです。

預金

① 日々の預金残高を合わせる

とくに月末での残高は要チェックです。

最初はあっていたものの
修正を重ねるうちにズレていた、
なんてこともおきかねません。

定期的にチェックする仕組みを
作りましょう。

売掛金

① いつまでも残っているものがないか

いったん計上したはいいものの、
いつまでも残高として残りっぱなしで
消えていないものがないかどうか。

消えていなければ、それは売上の計上ミスか
売上代金の未収が起きています。

スポンサーリンク

必ず毎月チェックして
未収が起きればすぐに
催促するようにしましょう。

放ったらかしにしてしまったら
回収が難しくなることも。

そうならないためにも
定期的にチェックする
仕組みを作りましょう。

借入金

① 利息まで含めて返済としていないか

借入金の返済時には
「元本の返済」と
「利息の支払い」が
通常発生します。

この合計額を“返済”と
してしまっているデータを
ときおり見ることがあります。

借入金の返済予定表と
データの残高を照らし合わせて
確認する仕組みを作りましょう。

売上高

① その月の請求が漏れなく入力されているか

「あれ?あの仕事の分がないなぁ」となったら、
それは請求が漏れている可能性があります。

そのためにも、請求書の控えから
売上データを入力する仕組みを
つくりましょう。

クラウド会計なら、請求書作成から
データ入力まで連動してくれるものも
ありますが、スモールビジネスなら
習慣化すれば連動させなくても
十分対応できます。

習慣化、がキモです。

地代家賃

① 振込失念がないか

のんびりした大家さんの場合、
数ヶ月振込を忘れていても
確認の連絡が来なかったりします。

気づいたときには4ヶ月分とか。

一気に支払うのはたいへんですよね。

そうならないように、毎月きちんと
家賃を支払っているかどうかは
会計データからも確認すること。

そのためにも、会計データを
スピーディーに入力する仕組みが
必須です。

最後に

代表的な事項について
ざっと書き上げてみました。

慣れないうちから完璧を
目指すのはしんどいです。

まずはこれくらいから
チェックしていきましょう。

*************************************************************

【編集後記】
昨日は家族で佐用町へ。
涼を求めて飛龍の滝へいってきました。
誰もおらず、いたのは鹿だけ。
その後の公園ではオオスズメバチが
長男の行く手を阻むというハプニングが。。。
手に持っていた虫捕り網で捕獲し、
(気の毒ですが)殺処分しました。
一瞬ヒヤッとしました。

【昨日の一日一新】
次男も連れて飛龍の滝&ビッグスライダーへ
オオスズメバチを捕獲

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。