カレー探訪、第78弾です。

DSC06088

スポンサーリンク

カレー激戦区谷四で異彩を放つネパール料理店

今回訪れたのは大阪市中央区にある
『ダルバート食堂』さんです。

地下鉄谷町線「谷町四丁目」駅から
徒歩5分くらいです。

谷町5丁目交差点から西に入り、
一つ目の信号を左に曲がると
右手にあります。

DSC06101

こちらはネパール料理を提供するお店で、
ダルバート(ワンプレートカレー定食)を
いただけます。

このダルバートは混ぜて食べるスタイルで、
メニューにもおすすめの食べ方を
書いてくれています。

DSC06086

こういう気遣いはうれしいですよね。

この日は定番のチキンカレー定食と、
日替わりとしてやぎ肉カレー定食が
ありました。

私がオーダーしたのはチキンカレー定食。
これに「砂肝のスパイスマリネ」をトッピング。
これが大当たりでした!!

セルフサービスの水を取って
念願のダルバートを待ちます。

DSC06085

石田史上最高にダル(豆)が輝くカレー

フライパンで激しく調理する音が
10分くらい響いたでしょうか。

ダルバートが運ばれてきました。

DSC06087

・メインのチキンカレー

DSC06092

溢れんばかりの、というか、溢れています。

・ダルカレー

DSC06093

このときはまだ、このカレーの力を
認識していませんでした。

・副菜群

DSC06091 DSC06090

・砂肝のスパイスマリネ(トッピング)

DSC06089

マリネ、というよりも、
どて煮といった方がいいくらい、
濃厚な味付けです。

まずは、ダルカレーをごはんの上に注ぎます。

DSC06096

スポンサーリンク

この状態で、一口。
見た目どおり、あっさりした感じです。

そこに、副菜群を一気に混ぜていきます。

DSC06097

美味っ!

オクラのネバネバとか、大根?のシャキシャキとか、
ねぎのトロトロとか、いろんな味と食感が
複雑に絡み合います。

そして、それをまとめているのが、ダルカレー。

豆の風味がみんなをつなぎ合わせて、
一体感がハンパないんです。

さらに、砂肝オン!!

DSC06098

砂肝の濃厚な味と、ねっとりとした
歯応えが、サラッとした混ぜカレーに
抜群に合います。

最後にチキンカレー、オン!!!

DSC06099

もう、言葉にならないです。

見た目はカオス状態ですが、
味はもう、抜群に美味いです!!

倍増どころか、3倍増の美味さでしたね。

チキンカレーも含めて、そんなに
スパイスが強く効いているという
感じではありません。
お店の案内にもあったのですが、
ネパール料理は、スパイスは多用せず、
塩と素材の味で楽しむジャンルだそうです。

このあたり、日本とも親和性が高いですね。

何層にも重ねて味ができあがっていく
混ぜカレーの魅力を存分に味わえる、
圧倒的に美味しいネパール料理店でした。

*************************************************************

【編集後記】
今日は新事務所の物件のカギを
もらいに行ってきました。
いよいよ、移転作業が始まります。

【昨日の一日一新】
岩村 もみじまんじゅう

*************************************************************

■ 石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<ブログランキングに参加しています>

ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。