仕事でAmazonを使う人の経理にはうれしい拡張機能のご紹介。

2019 0314 11142800

スポンサーリンク

何かと助かるCSVファイル

わたしのCSVファイルの利用用途は2つ。

スポンサーリンク

① データベースにあるデータ ⇒ CSVで出力 ⇒ Excelで加工分析

② Excelで作成したデータ ⇒ CSVで保存 ⇒ データとして取込

この2つの作業においてCSVファイルを利用します。

そして、この①のゴールにある「加工分析」は
経理財務業務においてとくに重要性の高い作業ゆえ
さまざまなデータをみるとそれをCSVで出力したい
衝動にかられます。

で、Amazonでの注文履歴も然り。

会計データに取り込むだけなら
マネーフォワードクラウドを使っているので
それとの連動で完結するわけですが、
いちいち登録ボタンを押さないといけなかったり
予測した科目を修正するのが面倒だったり。。。

それだったら
① Amazonの注文履歴データをCSVで出力
② 仕訳データ(出納帳データ)作成
③ 一括取り込み
の方が速いのではないか、という感覚です。

しかし、Amazonの標準仕様では
注文履歴をCSVに出力することが
できません。

そこでググってみると、
なんとも便利な拡張機能を
ダウンロードできるサイトに
辿り着きました。

それがこちら↓↓↓

【アマゾン注文履歴フィルタ】確定申告にも便利かも?! アマゾン(Amazon.co.jp)の領収書をまとめて表示する拡張機能/アドオン/ユーザースクリプト – 風柳メモ

こういったものを取り込んだ際に
リスクが潜んでいたりすることも
ありそうですが、便利なものは
積極的に使いたい派なので
迷わず導入しました。

利用開始手順

インストール

まずはこちらをクリック。

スクリーンショット 2019 03 14 8 19 25

すると、次の画面に移るので、
こちらをクリックして

スクリーンショット 2019 03 14 8 19 39

右上の「chromeに追加」を
クリックして

スクリーンショット 2019 03 14 8 19 56

「拡張機能を追加」すれば

スクリーンショット 2019 03 14 8 20 08

インストール完了です。

GoogleChromeを開いたときに
右上に拡張機能が表示されますが

<インストール前>

スクリーンショット 2019 03 14 8 21 08

<インストール後>

スクリーンショット 2019 03 14 8 20 26

CSV出力

インストールすると

<従来の表示>

スクリーンショット 2019 03 14 8 22 11

<インストール後>

スクリーンショット 2019 03 14 8 22 30

このように、絞り込み検索機能などが追加されます。

ここに必要事項を設定して適用ボタンをクリック。

スクリーンショット 2019 03 14 8 23 17

そして、右側に出てくる領収証印刷ボタンをクリック。

スクリーンショット 2019 03 14 8 24 01

すると、指定した注文について
個別に注文内容が並びます。

これをPDFファイルで保管すれば
1年分の注文履歴(保存用)が
一気に取得できます。

でも、それを見て手で作業するのは
効率が悪すぎます。

なんとしてもCSVファイルがほしいわけです。

注文内容が並んだページの右上に
「CSVファイルダウンロード」があります。

スクリーンショット 2019 03 14 8 24 23

デジタルとデジタル以外の購入は
項目構成が異なる関係で別々に
CSVファイルが出力されます。

スクリーンショット 2019 03 14 8 36 30

<デジタル>

スクリーンショット 2019 03 14 8 34 58

<デジタル以外>

スクリーンショット 2019 03 14 8 35 22

あらら、「事業主貸」だらけです・・・。

御礼

こちらの拡張機能は
風流さんという方の
サイトで公開されています。

もう一度リンクを貼っておきます。

【アマゾン注文履歴フィルタ】確定申告にも便利かも?! アマゾン(Amazon.co.jp)の領収書をまとめて表示する拡張機能/アドオン/ユーザースクリプト – 風柳メモ

この拡張機能について
ブログで紹介することも
許可くださいました。

あらためて、御礼申し上げます。

最後に

「データがあるならデータを使う」

これは効率化を進めるうえで大切な思考です。

これのおかげで、マネーフォワードクラウドの
有効性がワンランク下がってしまいました。

3年にわたって、自身の経理は
マネーフォワードクラウドを
活用しています。

銀行口座との同期、
クレジットカードとの同期、
そしてAmazonとの同期、

この3つがそのメリットでした。

銀行口座とクレジットカードは
すでにCSVデータを取得できる
状況でした。
今回の拡張機能を使えば
AmazonもCSVデータが取れます。

であれば、いちいち登録ボタンを
クリックしないといけない
マネーフォワードクラウドでの
同期をやめて、CSVデータから
一気に取り込むことも
視野に入れないと、です。

ただし、同期されるメリットも
やはりあります。

銀行口座については、
源泉所得税を考慮した仕訳を
自動生成してくれるので
やっぱりクラウド会計最高って
感じになるんですよね。

クレジットカードについても
その中身から判断する勘定科目の
精度が高まっているので
同期させても問題ないかと。
利用履歴がタイムリーに
みられるのも便利ですし。

残るはAmazon。。。
せっかくCSVデータを取れるように
なったので、同期をやめてCSVからの
取込に切り替えてみます。

*************************************************************

【編集後記】
今日はKITANOMADで法人の業務従事中。
ここの魅力は1FにFarmStandという
兵庫県(主に神戸)の地産野菜を扱う
レストラン&販売店があること。
運営母体が同じなんですよね。
野菜たっぷりのランチを食べて
冷蔵ケースに並んでいたプリンを
買ってあがってまた食べる。
いかん、デブのスパイラル。

【昨日の一日一新】
初めての郵便局

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。