Pocket

ルーティンについて、意識する週末でした。

DSC05203

おめでとう、琴奨菊関!

昨日、10年ぶりに日本人力士が優勝したということで
ずいぶんとニュースになりましたね。

そう、大関の琴奨菊関です。

豊ノ島関に敗れて土がついたときは正直キツいかな、と
思いましたが、終わってみれば三横綱を倒しての14勝1敗。
見事な成績で優勝しました!

ちょうど小学校高学年から中学校にかけて
千代の富士〜若貴ブームがあり、当時は
教室の机を前に寄せて相撲対決をしていましたが、
ブームが去るとともに関心も少なくなってしまいました。
(小柄だったわたしは大きく負け越してましたし・・・)

転機が訪れたのは大阪の事務所に勤めだした平成17年。

3月の春場所では、当時のお客様の本社近くに
伊勢ヶ濱部屋が稽古場を設けます。
そこに自転車で登場する力士の姿を見て、
ふたたび相撲熱が高まりました。
地下鉄などで一緒になると、鬢付け油の匂いが
なんともいえません。

魅力的な取組みをしていた朝青龍関が引退してからは、
少し遠ざかっていましたが、今場所、序盤から
ずいぶんと威勢のいい力士の姿に目を奪われました。

それが「琴奨菊関」です。

なんといっても“がぶり寄り”がすごい迫力で、
大男たちが為す術なく土俵を割る姿はまさに見ものです。

“魁皇の右”くらいのわかりやすさです。

ルーティンを見つめ直す

さて、相撲について取り上げたのは、
相撲の魅力を語るためではありません。

何かと話題のルーティンについて、です。

琴奨菊関は“琴バウアー”と呼ばれるルーティンで有名です。

スクリーンショット 2016 01 25 18 04 24

(友人がヤフーニュースからあげたInstagramより)

これですね。

しかし、琴奨菊関はこれ以外にも数多くの
ルーティンを行っているそうです。

そして、そのルーティンを支えてくれた
付き人たちに感謝しているという談話が
発表されていました。

スポーツの世界に限らず、仕事の世界でも、
ルーティンを持つことは有益です。

仕事の時間は何かとドタバタとしがちです。
そんなときはルーティンを作ることをオススメします。

ルーティンは、自然にはできません。
ぜひ、ルーティンを意識して作りましょう。

① 朝、事務所に着いたらPCの電源を入れる。

② お湯を沸かす。

③ 掃除機&床の拭き掃除をする。

④ 一杯のコーヒーを入れる。

⑤ それからパソコンにログインする。

これは、私が大切にしているルーティンです。
(今は③は週に3回に減らしています)

どんなに期限が迫っている仕事があっても、
こうすることで、ある程度は平静にスタートできます。

静かにスイッチを入れる感覚ですね。

実は、勤務時代はこれといったルーティンが
ありませんでした。

けっこうドタバタと仕事に追われ、
出社してすぐから全力疾走していた覚えがあります。

あのときからルーティンを作っていれば、
もう少し落ち着いて取り組めて、
もう少しミスが減らせたのかもしれません・・・。

だからこそ、勤めている人には、
なかなか難しい空気もあるでしょうが、
「あの人はああいう人だから仕方ないね」と
思われるくらいに我を通して、
ルーティンを作ってほしいと思います。

和を尊ぶことも大切ですが、自分の仕事で
いいパフォーマンスを発揮することが最も大切です。

変な人と思われても、それを突き通しましょう。

そのためには「自分にとって大切なルーティン」と
思えるように、徹底して継続することですね。

オススメの相撲漫画

最後に、私が大好きな相撲漫画を紹介します。

『うっちゃれ五所瓦』(なかいま強)

なかいまさんといえば、「わたるがぴゅん」が有名ですが、
この相撲漫画はそれをしのぐくらいの面白さです。

いわゆるスポ根ものですが、笑いがちりばめられ、
キャラも際立っていて、秀逸の一作です!

==============================

【編集後記】
昨日はあまりにも寒いので外出を取りやめ、
実家で過ごすことに。
物持ちのいい実家には、私が小さいころに
ずっと遊んでいたLEGOが置いてあります。
それで三世代遊んだのは感慨深いですね。

スクリーンショット 2016 01 25 22 07 28

【昨日の一日一新】
姫新線 余部駅・播磨高岡駅

==============================

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。