Pocket

カレー探訪、第51弾です。

DSC04092

スポンサーリンク

神戸元町駅すぐのカレー専門店

今回訪れたのは、神戸市中央区の『64(ロクヨン)カレー』さんです。
最寄り駅はJR元町駅。西に徒歩3分くらいのところにあります。

道に迷うことはおそらくないでしょう。

なぜなら、駅から西に延びる元町高架下(モトコー)にあるからです。

モトコーをひたすらすすめば、左手にカラフルな店構えが現れます。

DSC04093

メニューはこんな感じです。

DSC04077

今週の日替わりカレー、この日は
“ほうれん草カレーとチキンドライグリーンキーマ”

DSC04094

この日のお客さんのほぼみなさんが日替わりを
オーダーしていて、「辛いけど美味いなぁ」と言いながら、
この日替わりを食べられていました。

わたしはこの店の定番である64カレーをオーダー。

サラッとしていてスパイシー

サラダが出てきたあと、5分くらい登場したのがこれ。

DSC04082

ルーがツヤッツヤに輝いています!

スポンサーリンク

DSC04092

ルーにはフライドオニオンがたっぷり入っていますが、
見た目に反してかなりスパイシーです。
食べ進めるうちにピリピリと刺激がやってきます。

このカレーが定番なら、「チキンキーマを辛くしたから
ほうれん草カレーでまとめた」とオーナーがおっしゃっていた
日替わりのチキンドライグリーンキーマの破壊力がうかがい知れます。

店舗の裏側に当たる国道沿いには、こんなでっかい
スローガンが掲げられています。

DSC04095

カレー好きが高じてカレー専門店を始められただけあって、
お店にもカレー好きが次から次に入ってきて、
マスターとカレー談義をされていました。

生年から店名を付けた(と聞いていますが)
店主さんは私と一回りも違うとは思えないほど
エネルギッシュで、とてもフレンドリー。

この方の人柄も、このお店が繁盛する理由の
ひとつだろうな、と感じた昼下がりでした。

==============================

【編集後記】
昨日は小中の同級生が経営する120年続く会社の
秋の郊例イベント“芋煮会”に家族で参加してきました。
黒瀬ぶりのにぎり寿司や炭火で焼いたサンマ、
山形から食材と機材を取り寄せたという芋煮と、
美味しいものに囲まれた幸せな休日でした。

【昨日の一日一新】
芋煮会(黒瀬ぶり、燻製タマゴ)

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。