Pocket

木曜日は税理士受験シリーズ。引き続き、退職給付会計について、です。

スクリーンショット 2015 03 26 19 33 00

スポンサーリンク

今日は故郷姫路にとって大切な日。晴天の下での盛大な祝賀式典。
(画像は航空自衛隊HPよりお借りしています)

“年金資産”の位置づけ

引き続き、退職給付会計について。

今日は“年金資産”について、考えていきましょう。

退職給付会計とは、「退職給付引当金」勘定を用いて
企業の従業員に対する将来の退職金支払義務を適正に
貸借対照表に負債として計上する制度です。

「退職給付引当金」はどのように計算されるかというと、
“退職給付債務”と“年金資産”の差額として計算されます。

直接的に計算するのではなく、あくまでも差額概念なんです。

その中で、“年金資産”は「退職給付引当金」のマイナス要素です。

“年金資産”とは、退職金について外部に積み立てられた資産です。

企業にとって、退職した従業員について、その退職後何年間も
退職金についての管理・運用・支給を行うことは多大な負担となります。

そこで、生命保険会社などの外部組織に積み立てて、
そこに管理・運用・支給を任せることにします。

スクリーンショット 2015 03 26 8 37 29

この“年金資産”として認められるためには要件があります。

たとえ、年金支払いのために外部に積み立てられた資産であっても
企業の保有する資産と交換できたり、一時的に企業に戻すことが
できるようなものは原則として“年金資産”として認められません。

要件は以下のとおりです。

スクリーンショット 2015 03 26 8 37 55

では、この年金資産はどういった要因で増減するのでしょうか。

“年金資産”の増加要因

スクリーンショット 2015 03 26 8 34 23

スポンサーリンク

まずは増加要因から整理していきます。

増加要因は2つあります。

第一の増加要因“運用収益”

年金資産を管理する外部組織は、それをただ管理する
だけでなく、運用することによって増やします。

つまり、年金資産は毎年の運用によって増加します。

スクリーンショット 2015 03 26 8 34 39

第二の増加要因“掛金の拠出”

また、企業から外部組織に毎年拠出される掛金の分だけ、
年金財源である“年金資産”が貯まっていきます。

スクリーンショット 2015 03 26 8 34 53

“年金資産”の増加要因はこの2つだけです。

“年金資産”の減少要因

では、年金資産はどういったことによって、減少するのでしょう。

最初の図を思い出しましょう。

外部組織である年金基金に貯まっている年金資産が流出するのは
従業員に企業年金が支給されるときだけです。
退職一時金の支給は企業から直接行われるため、
年金資産の減少には繋がりません。

スクリーンショット 2015 03 26 8 54 06

ただし、運用に失敗して損失が生じている場合には、
それは減少要因になるでしょうね。

そのような問題は見たことがありませんが、
大切なのは、それぞれの資料の持つ意味を理解して、
“年金資産”が増加するのか減少するのかを
瞬時に読み取ることです。

「退職給付会計」の問題は、先週の“退職給付債務”と
今週の“年金資産”の増減が理解できていれば、
何も怖くありません。

来週ももう少し続けていきます。

ではでは。

==============================

【編集後記】

後回しにしていたことに着手。
革靴の手入れ。クリーム補給。
事務所で新聞敷いて没頭しました。

【昨日の一日一新】

Google AdSense 手続き
マンドリルカレー
YONEX 『EZONE Ai 100』

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。