“#(ハッシュタグ)”を活用しましょう。

T20F1494

スポンサーリンク

昔と今の情報収集

全国各地で梅の花が満開をむかえ、
桜はまだか、と待ち構えている人も
きっと多いことでしょう。

昔は目的地に電話で確認したり、
そこのHPで開花情報を調べたり、
ヤフーなどのポータルサイトが
運営する開花情報をチェックしたり、
そんな行動をしていました。

今はもっともっとタイムリーで
信頼できる情報検索が可能です。

それはSNSでの“#(ハッシュタグ)検索”です。

#(ハッシュタグ)検索

TwitterやInstagramで検索する際に
「桜」「梅」「ひまわり」といった
キーワードで検索することも
多いと思います。

そのときに、ヒットした書き込みに
「#〇〇」という言葉が入っているのを
見たことがありませんか?

検索する言葉にあの“#”をつけて検索すれば
“#〇〇”という言葉を書き込んだ投稿だけが
串刺しするかのごとく検索できます。

“#開花情報”とかにすれば、
その時期にみんなが気になっている
花の開花情報がどんどん出てきます。

SNSの利用者にはいいものは
みんなでシェアする姿勢が
強いように感じます。

なので、「誰か知りたがっているかな?」とか
「これ、誰かに伝えたい」と思ったことは
“#”をつけて投稿されている方も多いです。

とくにグルメや鉄道関係の方、
絶景を撮る写真愛好家の方は
その傾向が強く、
いつもお世話になっています。

わたしも“#(ハッシュタグ)”愛用者で、
目的はふたつあります。

・情報の共有
・将来への種蒔き

このふたつのために
“#(ハッシュタグ)”を
つけています。

Instagramでよくつけるのは
“カレー”、“姫路”、“dp0quattro”
などです。

スポンサーリンク

カレーを検索するスパイス好きな方、
姫路を検索する地元愛が強い方、
そして、シグマ社のdp0quattroという
ややとんがったカメラを愛する方に
わたしのもつ情報をシェアすることを
目的にしています。

わたし自身がその「#〇〇」によって
いろんな情報を取得してきただけに
そのご恩送りというテイストもあります。

そして、もうひとつの目的が
将来への種蒔きです。

ふたりの息子の名前をつけて
投稿しています。

こうしておけば、将来ふとしたときに
息子たちの名前で「ハッシュタグ検索」すれば
幼き日々が出てくるという仕組みづくりです。

「#〇〇」をフォローする

さらに踏み込んでやりたいのが
「#〇〇」をフォローすること。

近隣の好きな風景地や
行ってみたい場所などは
Instagramで「#〇〇」を
フォローしています。

やり方は簡単で、
「#〇〇」と検索すると
上部に「#〇〇」を
Followするボタンが
出てきます。
それをポチるだけ。

そうすれば、わざわざ検索せずとも
その「#〇〇」をつけた投稿が
タイムライン上に出てきます。

検索することすらせずに
情報が出てきます。

「検索してわかる」
「検索しなくても教えてくれる」

このちがいは大きいです。

情報収集のために
アクションを起こすのではなく
手元に届く仕組みを作る

ハッシュタグにせよ、feedlyにせよ、
そんなことを意識しています。

*************************************************************

【編集後記】
先週休んでしまった
カレークックを再開。
ニンニクと生姜は
みじん切りよりも
すりおろしの方が
好みであることが
わかりました。

【昨日の一日一新】
おとこ三人で「こどもの館」

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所 |姫路|

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。