カレー探訪、第80弾です。

DSC00017

スポンサーリンク

神戸にある南インドの家庭料理店

今回訪れたのは神戸市中央区にある『インダスレイ』さんです。

JR元町駅から西に5分ほど歩きます。

▼外観

DSC00015

▼ランチタイムのメニュー

DSC00029

詳細なものはこちら

DSC00027 DSC00028

店員さん曰く、肉を食べるならカバブセット。
他はベジタブルメニューだよ、と。

南インドランチについてくるカレーは
日替わりなので、ベジタブルでないことも
あるそうですが、基本的には旬の野菜を
使ったものであることが多いそうです。

今回は、南インドランチセットをオーダー。

野菜だけのヘルシーな南インドランチ

ランチタイムを避けて訪れたので
客はわたし以外に一人だけ。
料理も5分ほどで出てきました。

▼南インドランチ

DSC00017

▼ピクルス風角切り野菜のスパイス和え

DSC00019

口に入れると、わさび菜を口にしたような
ツンとした刺激があります。

クセになる味です。

▼ライタ

DSC00020

インド料理で定番の
ヨーグルト風味で
酸味を与えてくれます。

▼サラダ

DSC00024

ドレッシングは、
インド料理店に多い
オレンジ色のものではなく、
マヨネーズベースのもの。

▼ライス(ソナマスリライス)

DSC00018

これがけっこうな衝撃的なもので、
すごいあっさりさらさらしたライス。
どんどん口に運べます。

▼パパド

DSC00025

塩気の効いたものでした。

▼ほうれん草と玉ねぎの炒めカレー

DSC00021

スポンサーリンク

これはもう、わたしのもつ
カレーのイメージではなく、
カレー味の炒め物といった
感じです。
めちゃくちゃ旨いっす。

ほうれん草のねっとり感と、
玉ねぎのしゃっきり感が
あいまって、極上の一皿でした。

▼カレースープ

DSC00022

酸味の効いたタイプで、
ジャガイモや大根、人参が
ごろごろ入っています。
とてもサッパリしていて、
辛さやコクはありません。
独特のスープといった感じ。

▼ミックスベジタブルのカレー

DSC00023

これが、肉が入っていない?と
思うくらいにコクと旨味のある
カレーでした。
野菜だけでコレはすごい!

お店の方がおっしゃるには、
こちらのプレートは、混ぜるのではなく、
それぞれとライス・パパドで味わうのが
いいですよ、とのこと。

南インドの優しいカレーランチでした。

ドーサセット

ちなみに、別日に訪れた際にオーダーした
ドーサセットはこんなビジュアル。

DSC04873

巨大なクレープの中には、
ジャガイモのドライカレー的なものが
大量に入っていて、お腹いっぱいになりました。

カウンターテーブルからはみ出してるし・・・。

*************************************************************

【編集後記】
地元の有名ハム店が
8月に閉店するという
残念なニュースが
飛び込んできました。
味はいいだけになんとか
ならなかったのか。
味にこだわり抜いて
こうなったのか、
真相はわかりませんが、
残念でなりません。
こんな悲しい知らせを
少しでも減らせるように
税理士にできることは
きっとあるはず。
気合いを入れ直して
がんばります!

【昨日の一日一新】
JICA関西

*************************************************************

■ 石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<ブログランキングに参加しています>

ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。