まずは小さな一歩から。

スクリーンショット 2016 12 29 8 20 11

スポンサーリンク

自信とプライド

税理士試験にチャレンジされる方は、
多かれ少なかれ勉強することに
“自信とプライド”をお持ちだと思います。

趣味の世界では、
「できないからこそやる」と
いう姿勢も多くありますが、
この試験は「合格こそすべて」の
資格取得のための試験です。

「合格の可能性」が
見えているからこそ
チャレンジするのであり、
そこにはこれまでの人生に
おける勉強実績の裏付けが
きっとあることでしょう。

それだけに、勉強がうまくいかず、
ミニテストや実力テストにおいて
基本論点で失点したりすると
けっこう落ち込みますよね。

成績分布表を見て成績上位者と
自分に大きな差が開いてたりすると、
落ち込みますよね。

ええ、大いに落ち込んでください!

むしろ、落ち込まないとダメ。

しっかりと感じ取りましょう。

かくいう私はあまり
落ち込みませんでした。

ずーっと成績上位だったと
いうわけではありません。

成績が伸び悩んだこともあります。

しかし、その事実を直視することを
避けていたのです。

「おれだってやればできるよ」なんて
しょうもない虚勢をはって
自分に言い訳してましたね。

こんな受験生になってはダメですよ!

『勝利』を繰り返すことで乗り越える

どうすればうまく試験を
乗り越えられるでしょう?

それは“自信とプライド”を
うまくコントロールすること。

プラスのエネルギーを生むようになれば、
これほど心強いものはありません。

では、どうすれば“プラスのエネルギー”を
生み出すことができるでしょうか?

それは『勝ち続けること』です。

「それができないから悩むんでしょ」と
いう声が聞こえてきそうですが、
“自信とプライド”をプラスに向けるには
これしかありません。

“反骨心”っていうのも、一種のプライドです。
プライドがなければ、反骨心も出てきません。

ここで大切なのは、『勝ち続ける』相手は
最初から強大である必要性はありません。

最初は小さな勝利でいいんです。

たとえば、トレーニングやミニテスト。

これらに対しての勝利を
しっかりと『勝利』として
認識していきましょう。

これができるようになってきたら、
実力テストの上位30%とかといった、
少しハードルの高い目標に対して
勝負を挑みましょう。

スポンサーリンク

常に少しだけ高いハードルを置いて、
それを乗り越えることで
小さな勝利を重ねましょう。

そんな小さな勝利を繰り返すことで、
自分自身に自信と勇気が生まれます。

プライドを取り戻し、前に進む
パワーを生んでくれます。

そこですべてが達成できるか
どうかはわかりませんが、
その前向きな姿勢なくして
試験突破はありません。

まとめ

大きな目標達成も、
最初の一歩が大切です。

最初の小さな勝利を
あげることで、
次の一歩が出るからです。

仕事でも、税理士試験でも、
スポーツでも、
まずは小さな勝利を
手に入れましょう。

そのために、戦うフィールドを
しっかりと吟味・認識すること。

そして、小さな勝利を
『勝利』と感じること。

こうしたことが必要です。

いくら勝利していても、
それを『勝利』と気づかなければ
自分のメンタルにまったく好影響を
与えてくれませんからね。

税理士試験であれば、
どの問題をいつ解いてどうだったか、を
記録するシートを活用しましょう。

シート全体を眺めたときに
たくさん〇(正解)があると
絶対に自信になります!

資格試験を乗り越えるために、
視覚効果も活用していきましょう。

*************************************************************

【編集後記】
今日はこれから名古屋に移動して
楽しみにしていたセミナーを
受講してきます。
これにて今年は仕事納め。
明日は“ひとり道場”です。

【昨日の一日一新】
大樹

*************************************************************

■ 石田修朗税理士事務所HP

開業支援・経営計画支援の石田修朗税理士事務所

<ブログランキングに参加しています>

ポチッとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

<このブログのfeedlyでの購読はこちらをクリック下さい>

follow us in feedly

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。