カレー探訪、第45弾です。

DSC03545

行列必至の人気店

今回訪れたのは、大阪北浜にある『カシミール』さんです。

カレー激戦地の大阪で、圧倒的人気を誇る有名店です。
14時オープン、かつ、(ルーがなくなって)16時前に
閉店になることも少なくない、その味にたどり着くまでに
たくさんのハードルがあるお店です。

3ヶ口のコンロでルーを一人前ずつ作られるので、
一回10分強かかって3人前が完成。
それが終わったら、次の3人分を作成されるという
ルーティンをきっちり守って調理されているようです。
(そんな説明を他のお客さんにされていました)

だからといって頑固者風情かといえばそうではなく、
とても人あたりの優しい、穏やかな店主さんです。

この日は13時45分くらいに到着。
すでに営業を開始されていました。

DSC03549

この入り口を入ってから6人くらい並ぶスペースがあります。
店の外まで行列ができていたら、おそらくは1時間超えします。

下手すれば、ルーがなくなってしまうかも、です。

13時30分くらいにいって少し待つくらいの方が
結果的に待ち時間は少なくなるでしょう。

いよいよ座席に

チキン、ビーフ、マトン、キーマ、ホウレン草チーズの
単独のオーダーもできますし、それを野菜具だくさんに
アレンジすることもできます(ミックスA、B)。

Aは野菜のみ、Bは野菜とゆで玉子が入ります。

チキンベースのミックスAをオーダー。

一人前ずつフライパンをコンロにかけて、丁寧にスパイスなどを
加えていく作業を目の前で見ることができます。

そして、15分くらいで完成。

DSC03546

こちらのミックスには、大根、ホウレン草、人参の他に
豆腐も入っています。

DSC03547

そして、茄子も。

DSC03548

肉は種類によってそれぞれ下味から変えてあるそうです。
たしかに、チキンはそれだけでも味わえるくらいに
しっかりとした味がついていました。

こちらのルーからは肉の旨み、とかコクといったものは
あまり感じませんでした。
それよりも、水分が多く、スパイスをプチプチと感じる、
どこか薬膳のような感じのカレーかな。

同じアジア系のカレーでもドロッとしたものもあれば、
こちらのようにさらっとしたものもあります。
このあたりは好みが分かれますよね。

もう少し業務の流れを改善していただけると
安心して訪れることができるのですが、
よほど時間に余裕がないと、怖くて足を運べません。

おそらく、店主の方もそれは理解されているでしょう。

しかし、人を入れるのではなく、自分の味を守って
それを理解してくれる人に丁寧にカレーを提供する。
そんなスタイルはキライじゃないです(^^)

DSC03544

==============================

【編集後記】
先週までの全米オープン決勝、
フェデラーは優勝ならず。
なんとか来年のウィンブルドンで
GS18度目のVを飾ってほしい。

しかし、ヒンギスのダブルスも
また美しい・・・。

【昨日の一日一新】
エアダスター
ある顧問先にクルマで訪問
財務応援データをExcelに貼り付け

==============================

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。