カレー探訪、第119弾です。

DSC09161

スポンサーリンク

カレー特集必携の人気店

今回訪れたのは、大阪市にある
『nidomi』さんです。

最寄り駅は谷町四丁目駅。
そこから徒歩5分で辿り着きます。

こちらは「curry bar」として
夜も営業されていますが、
わたしはランチタイムに
伺いました。

DSC09164

12時に着くとすでに
一巡目のお客さんが案内され、
店の前のイスに腰掛けて
待ちます。待ちます。

結局20分近く待つことに。

せっかく足を運んだので、
引き返すわけにはいきません。

店内に案内されると、
3名のスタッフみなさんから
「お待たせしました〜」という
明るい声が飛んできました。

気持ちいい店です。

さっそくメニューをいただき、
今日のカレーを見ていると、

DSC09156

オススメはAとBを混ぜて食べる
スリランカスタイルの『混盛』
とのこと。

まよわずそれをオーダーします。

[br num=”1″]

独創性豊かなスリランカプレート

5分ほどで登場しました。

こちら。

DSC09157

このパパドが刺さった写真を
今まで何度、関西カレー雑誌の
表紙で見たことか。。。

ついにご対面です(^^)

横からも一枚。

DSC09161

・チキンスパイスカレー

DSC09158 2

・豚ミンチ入りスリランカキーマ

DSC09159 2

スポンサーリンク

・副菜たち

DSC09160

まずはそれぞれを
いただきましたが、
とくにチキンのそれが
スパイスの刺激と
清美オレンジのサンボルの
酸味が絶妙です。

なんでこんな組み合わせ
思いつくんでしょーね。

そして、店の方が
薦められるように
混ぜていただくと極旨。

スリランカプレートというと
豆カレーがつなぎ役を
務めることが多いと
思うのですが、
この日のプレートは
鶏と豚がガチンコで
ぶつかるだけ。

しかし、副菜やサラダ、
パパドも相まって、
確実に相乗効果が
発揮されていました。

これは混ぜなきゃいかんすね。

あっという間に平らげると、
『混盛』にはデザートが
ついていました。

DSC09162

barなのに禁煙っていうのも
私にとってはポイント高い。

夜のカレー鍋もいただかないと。

少しわかりにくい場所にありますが、
ビルの前に控えめに立てられた
この看板を目印にしてください。

DSC09165

それにしても、
谷町四丁目界隈の
curry熱は凄まじいですね。

私の勤務時代は
こんなじゃなかったはず・・・。

*************************************************************

【編集後記】
今日は朝から大阪へ。
スーパーはくとの時間に
合わせて移動しました。
めちゃくちゃ快適です。
なんでもっと昔に
気づかなかったんかな。

【昨日の一日一新】
第四世代電子証明書 受領書送信等

*************************************************************

❐石田修朗税理士事務所HP

石田修朗税理士事務所[姫路]

*************************************************************

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。