カレー探訪シリーズ第7弾です。

DSC01258

スポンサーリンク

JR六甲道駅北側すぐのカウンター店

今回訪れたのは、JR六甲道駅(神戸市灘区)を
北に出てすぐの「CLOVER CURRY」さんです。
この駅は我が母校のお膝元です。懐かしい。

今年になってできたお店のようです。
カウンター8席のみの対面式店舗ですが、
非常に多くのメニューがそろっています。

DSC01261

ランチにはさらに日替わりのカレーまで登場します。

実食

評判になっているキーマカレーをオーダーします。

今回はトッピングでタマゴをつけてみました。
辛さについて聞かれたので、やや辛めでお願いします。

そして、出てきたのがこれ!

DSC01254

これはなかなか珍しい、汁気の全くないキーマカレーです。

ごはんにかかっているというよりも、ごはんの上に載っています(^^;)

横から撮るとこんな感じです。

DSC01255

スポンサーリンク

付け合わせはこちら。

DSC01257

トッピングのタマゴは別添えだったので、途中で投入。

DSC01260

スパイスが効いていてコクもある日本的カレー

このキーマカレー、スパイスがよく効いています。
そしてコクもある、日本的カレーです。
カレーは好きだけどさらさら系のカレーはちょっと、と
いう方にはまさにうってつけの旨みのあるカレーでした。
(隣の人の食すカツカレーのルーはさらさら系でした)

DSC01262

==============================

【編集後記】

12月がすぐそこまでやってきています。
とくに日常業務での変化はありませんが、
年末調整という季節業務がやってきます。
それほど負荷がかかるわけではないのですが、
毎年この時期になると、それを言い訳(?)に
美味しいもの食べて、スタミナつけています。
季節業務の負荷は、イベント化して気分的に相殺。
今年は何を食べて頑張ろうか、思案中です。

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。