カレー探訪シリーズ第8弾です。

DSC01335

スポンサーリンク

阪神電車の高架沿いにあるカフェのような店

今回訪れたのは、阪神新在家駅(神戸市灘区)の高架下を
西に向かってすぐの「カリーポロヴィッツ」さんです。

神戸大学出身者にとっては、「リング」の前といえば、
だいたい場所がわかるでしょうか(^-^)

スポンサーリンク

メニューはいくつか種類がありますが、
国産牛すじ肉を使ったビーフカレーを
オーダーしました。

DSC01334

実食

こちらのカレーはワンプレートで出てきました。

DSC01332

ビーフシチューのような濃い色合いのカレーです。
ルーには柔らかく煮込まれた牛すじ肉がごろごろ入っています。

DSC01333

土地柄でしょうか、神戸では牛すじを使うお店が多いですね。
ほろほろと崩れて、スジっぽさは一切ありません。
仕事の丁寧さが表れています。

ルーで満腹になる家庭的なカレー

しっかり煮込んだうまみのある家庭的なカレーという印象です。
たくさん入った牛すじ肉のおかげで非常に食べごたえがあり、
ライスよりもルーでお腹が満たされていく感覚です。

事前調査では、ホテルのように、カレーとライスが別々に
サーブされるということでテンション高く訪れたのですが、
実際にはワンプレートでした。
まだまだ進化中ということなのでしょうかね。

DSC01337

==============================

【編集後記】

若者の選挙離れが深刻化していると
言われて久しいです。
たしかに投票率の世代別分布を見ると、
若年層の投票率の低さは目に余りますね。

国の将来に対する責任を果たすためにも、
息子には、投票することの大切さを
しっかりと伝えていきたいと思います。

==============================

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

石田 修朗

1976年生まれ。B型。姫路出身。 (雇わず、雇われずの)“ひとり税理士”として活動中。テニスとカレーを愛する、二児の父です。経営者の不安を安心に変えることにこだわっており、脱力することと手を抜くことのちがいを意識しています。